男性向けフットケアポディスト通信講座

2016年12月12日

ビバップ・ジャズ・ピアノ


単に譜面を目で追いかけるよりも、
付属のCDを聴きながら目と耳で追いかける。

頭と身体の両方で
ビ・バップのカッコ良さを実感!

ビバップ・ジャズ・ピアノ (スタイル別ピアノ・シリーズ)
ビバップ・ジャズ・ピアノ (スタイル別ピアノ・シリーズ)


posted by 雲 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜面 教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

ジャズ・ピアノ・コレクション チック・コリア


最新、チック・コリアの楽譜!


でも、ピアニストにとっての練習栄養素、
《マトリックス》の譜面もちゃんとあります。
(・∀・)b

もちろん、代表曲《スペイン》も!

ジャズ・ピアノ・コレクション チック・コリア
ジャズ・ピアノ・コレクション チック・コリア
▼掲載曲
1.マトリックス
2.ウィンドウズ
3.パノニカ
4.クリスタル・サイレンス
5.チルドレンズ・ソング
6.スペイン
7.セニョール・マウス
8.ラヴ・キャッスル
9.アルマンドのルンバ
10.ハンプティ・ダンプティ
11.フレンズ
12.ベッシーズ・ブルース
13.いつか王子様が
14.ソー・イン・ラヴ
15.モーニング・スプライト
16.バド・パウエル
17.ラ・フィエスタ

posted by 雲 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜面 教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

水野式 アドリブに役立つ曲のコード・スケール・アナライズ


急なジャズ・セッションで、
《枯葉》、
《ステラ・バイ・スターライト》、
《ドルフィン・ダンス》
のアドリブを担当することになったらどうする!?


ま、そんなシチュエーションってそんなには無いとは思いますが、
ジャズの初心者は、
来るべき将来に備えて、こっそり練習しておくのも良いかも。
(・∀・)b


水野式 アドリブに役立つ曲のコード・スケール・アナライズ
水野式 アドリブに役立つ曲のコード・スケール・アナライズ



posted by 雲 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜面 教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

チャーリー・クリスチャン 教則本


ベースでチャーリー・クリスチャンのフレーズを
コピーしてみようかななどと
無謀なことを考えている私。


で、CD付きの教則本。
(・∀・)b

The Best of Charlie Christian: A Step-by-step Breakdown of the Styles and Techniques of the Father of Modern Jazz Guitar (Guitar Signature Licks)
The Best of Charlie Christian: A Step-by-step Breakdown of the Styles and Techniques of the Father of Modern Jazz Guitar (Guitar Signature Licks)


もっとも、クリスチャンのギターは、
残された音源が古いものばかりにもかかわらず、
一音一音の粒立ちがとてもハッキリしているので、
すごく音を拾いやすいんですよね。


耳コピをしたほうが練習になることはわかっているんだけど、
でも、判断がつかないときのアンチョコとして
傍らに置いておくのも悪くないかもしれません。
(・∀・)b


もちろん、ジャズギターをこれから始めようという入門者も、
クリスチャンから入るのも悪くないかもしれません。

なんといっても、源流ですからね。

ウェス・モンゴメリーも、バーニー・ケッセルも、
クリスチャンから出発していますから。

posted by 雲 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜面 教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

バド・パウエル 譜面


これ見て弾いたところで、
バド・パウエルにはなれないけれども、

音楽を聴きながら
譜面を追いかけることで、
心の中だけは、
パウエルの内面と
ほんの少しだけシンクロしたかのような嬉しさを覚えることが出来るのです。


The Bud Powell Collection (Artist Transcriptions)
The Bud Powell Collection (Artist Transcriptions)



posted by 雲 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜面 教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

2016年03月08日

完全コピー グレート・ジャズ・ワークス マイルス・ファミリー編


譜面どおりに演奏すること。
これ、かなり勉強になります。

演奏しては、CDを聴きなおす。
足りないものを見つけ、また練習。

地道で、時間はかかるけれど、
結局はジャズ特有のフィーリングを体感できる近道だと思います。

譜面どおり、パーフェクトに演奏できなくても、
かなりジャズを聴く上での感性が拡がるはずです。

なにしろ、名演と呼ばれている演奏の中には、
ジャズの栄養素がいっぱい詰まっていますから。


今、リアルタイムで活動しているジャズマンたちも、
きっと、1曲ぐらいは下記名演のコピーをしたり研究をしているはず。


そのエッセンスが、カタチかわれど、
脈々と受け継がれ、流れているのではないでしょうか。

つまるところ「温故知新」。

古いけれども、素晴らしい表現を
自らの血肉にすることこそが、
新しい表現へのヒントにもなるのです。

完全コピー グレート・ジャズ・ワークス  マイルス・ファミリー編
完全コピー グレート・ジャズ・ワークス マイルス・ファミリー編
▼掲載曲
Milestones / MILES DAVIS
'Round Midnight / MILES DAVIS
Giant Steps / JOHN COLTRANE
Bye Bye Blackbird / MILES DAVIS
Say It (Over and Over Again) / JOHN COLTRANE
Walkin' / MILES DAVIS
Dolphine Dance / HERBIE HANCOCK
Spain / CHICK COREA AND RETURN TO FOREVER


ちなみに上記ナンバーだと、
私は、学生時代にマイルスの《バイ・バイ・ブラックバード》の
チェンバースのベースラインをコピーして
ベースの練習をしたことがあります。

《ドルフィン・ダンス》は、
ホット・ミュージック・スクールでの
板谷博氏のアンサンブルクラスでトライした記憶がありますが、
「う〜ん、君はモードの勉強をするべきだねぇ」と言われて
ヘコんだ記憶があります(涙)。

posted by 雲 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜面 教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

徹底ファイル Groove!スラッピング ベーススタイル


これからスラップ(チョッパー)にトライする初心者から、

ヴィクター・ウッテンやマーカス・ミラーのワザを盗んでやろう!と考えているベース小僧まで♪


徹底ファイル Groove!スラッピング ベーススタイル(CD付)
徹底ファイル Groove!スラッピング ベーススタイル(CD付)

posted by 雲 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜面 教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

2014年12月01日

すぐできる! 女のコのための超楽々ベース塾



さあ、ベースを始めよう!(・∀・)b

すぐできる!  女のコのための超楽々ベース塾
すぐできる! 女のコのための超楽々ベース塾


最近はYouTubeをみてみると、
ベース上手な女性の動画もチラホラ。

女性からしてみるとベースはデカい楽器かもしれませんが、
それをラクラクと弾きこなしている姿を見ると、
カッコいい!と思います。


posted by 雲 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜面 教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲風呂」の先頭へ初ジャズ