ホテル予約ならHotels.com

2016年11月15日

Bitches Brew Live/Miles Davis


やっぱりマイルスは強い!
スゴイ!

ガッツーン!ときます。


Bitches Brew Live
Bitches Brew Live
▼収録曲
1. Miles Runs The Voodoo Down
2. Sanctuary
3. It's About That Time/The Theme
4. Directions
5. Bitches Brew
6. It's About That Time
7. Sanctuary
8. Spanish Key
9. The Theme




posted by 雲 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

フェアレス・フライデイ/オマー・クライン


イスラエル出身のピアニストのリーダー作6枚目。

サラリとあっさり聴きやすし。
(・∀・)b


Fearless Friday
Fearless Friday

posted by 雲 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

ジングルズ/ウェス・モンゴメリー


ハロルド・ランドに
フレディ・ハバードも参加!

組み合わせがオイシ過ぎる
オイシイジャズです。
(・∀・)b


Jingles
Jingles


posted by 雲 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

カーター・ミーツ・ピーターソン/ベニー・カーター&オスカー・ピーターソン


明快な「音」を持つ熟練者2人の共演。

ゴキゲンなサウンドは、ジャケットの2人の表情そのもの。

Carter Meets Peterson
Carter Meets Peterson
▼収録曲
1. Just Friends
2. Sweet Lorraine
3. Baubles, Bangles And Beads
4. It's A Wonderful World
5. If I Had You
6. Whispering
7. Some Kind Of Blues

posted by 雲 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

デイ・ブレイクス/ノラ・ジョーンズ


ノラの新作。

ある時期から一貫として流れ始めている
ノラ独特の「乾いた潤い」がこのアルバムにも流れている。

ウェイン・ショーターがちょろっと参加しているが、
やはりソプラノサックスの存在感は凄いね。


デイ・ブレイクス(通常盤)
デイ・ブレイクス(通常盤)


▼レビューはこちらです(・∀・)b
デイ・ブレイクス/ノラ・ジョーンズ


posted by 雲 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

オール・アローン/マル・ウォルドロン


マルのピアノソロ作品。
朴訥だが、彼が弾き出すピアノの一音一音は重い。
そして、かなりユニーク。

マインドにじわりと染みてくる1枚。

1966年、ミラノでの録音。

オール・アローン
オール・アローン


posted by 雲 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

サミュエル・バーバー ピアノ協奏曲/キース・ジャレット


キース・ジャレットが弾くサミュエル・バーバーのピアノ協奏曲。

無調、複雑な拍子。
難解な楽曲でありながらも、
呼吸をするようにピアノを弾くキースだからこそ、
脈打つように伸び伸びとした音楽になっている。


Barber/Bartok: Piano Concertos
Barber/Bartok: Piano Concertos


posted by 雲 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

Fo Deux Revue/デヴィッド・マレイ


デヴィッド・マレイの隠れ名作。

重厚なマレイのテナーはもちろん味わえるが、
ジャラマディーン・タクマらサイドマンのプレイにも光る音が多し。


Fo Deux Revue
Fo Deux Revue



posted by 雲 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

フォー・レディ/ウェブスター・ヤング


そそるジャケット。
そそる演奏。
染みるコルネット。
(・∀・)b


For Lady
For Lady
▼収録曲
1.The Lady
2.God Bless The Child
3.Moanin' Low
4.Good Morning, Heartache
5.Don't Explain
6.Strange Fruit




posted by 雲 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

トム・キャット/リー・モーガン


『ザ・ランプローラー』の直後の吹き込み。

この頃のリー・モーガンは脂がのっていたから、
録音内容、悪かろうはずがない。

マクリーン、マッコイのプレイも良し。
(・∀・)b


Tom Cat
Tom Cat
▼収録曲
1.Tom Cat
2.Exotique
3.Twice Around
4.Twilight Mist
5.Riggarmortes


posted by 雲 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。