ホテル予約ならHotels.com

2017年01月04日

いびき防止テープ


一人バス旅行が趣味だという女子が、
必ず持っていくといっていた
「いびき防止テープ」。

[ 日本製 ] 【 セレブリーズ 30枚入り】 口閉じテープ いびき防止テープ イビキ対策グッズ [30回用] 1個
[ 日本製 ] 【 セレブリーズ 30枚入り】 口閉じテープ いびき防止テープ イビキ対策グッズ [30回用] 1個


いびきかくの?ってぐらいの
小柄で十代みたいな若い女の子でも、

いや、若い女子だからこそ、
夜のバス移動中に、
もしかしたら「いびきかいて周囲に迷惑をかけたら恥ずかしい」という思いが強いのでしょう。


posted by 雲 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

2013年09月17日

嵐山 渡月橋 散策



先日の台風18号の猛威で
嵐山や渡月橋が大変なことになっているようですが、
一日も早い復旧をお祈りいたします。

嵐山、好きなんですよね。

今年は行けるかどうかわからないけれども、
紅葉のシーズンは、ゆっくりじっくりと
また散策をしてみたいな。

トロッコにも乗りたいな。

で、夕方は温泉つかったりして。

いいなぁ、また行きたいなぁ。








ラベル:嵐山 渡月橋 温泉
posted by 雲 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

グリーン車に乗ろう



世間は夏休み。

通勤するビジネスマンは、
朝、昼、夜問わず、
電車の中では
子連れのお母さんや、お父さん、
中学生や高校生たちのグループに遭遇する確率が高まっていると思います。

私は子供好きだから、それほど気にならないのですが、
子供⇒よく喋る(騒ぐ)
子供嫌いの人にとっては、
不愉快の種になるかもしれません。

仕事に疲れているときに、
ピーピー、キャーキャーされたら
思わず「うるさい!」と怒鳴りたい気持ちをグッとこらえているお父さんも
少なくないかもしれませんね。

これを回避する方法。

通勤の短距離の電車に対しては、
残念ながらありません。

子供がたくさんいる車両に遭遇してしまったら、
別な車両に隣駅で移るぐらいしか
回避方法はないでしょう。

しかし、長距離電車の場合であれば、
あります!
グリーン車です。

自由席、指定席に比べると、かなり快適ですし、
やはり長時間の移動中、
「うるさいな〜」と思いを我慢しながら
ストレスをためるぐらいであれば、
多少奮発してしまったほうが
精神衛生上にも良いのです。

出張であれば、会社から支給される交通費に
身銭を切ってプラスをしてグリーン車。

これが一番いい。

自由席は混み混みでも、
グリーン車は空いているということはよくあることです。

だから、私もよく利用していました。
ただし、帰りだけだけど。

よく日帰りで大阪出張に行っていた時期があるのですが、
だいたい帰りは指定席でしたね。

行きは、東京駅で座ってしまえば、
あとは寝るだけで気がつくと京都ぐらいで目が覚めるからいいの。

しかし、大阪で仕事をして帰る際は、
神経がたかぶっていることも多いので、
そうカンタンに眠れないし、
できれば、ビールをグッと飲りながら
蓬莱の肉まんをかじりたい(笑)。

そうなると、デカい私にとっては
自由席や指定席の座席の幅は、ちょっと狭いんですね。

ゆったりとリラックスできない。

だからグリーン車がいいんです。

ガハガハうるさいオヤジが乗っている率も少ないし、
キャッキャッと騒ぐ子供たちの乗車率も少ない。

静かな車両でリラックス。

ちょっとだけ奮発することで得られる快適感。
これをケチるかケチらないかで
気分は大きく変わってきます。

あと、グリーン車の何がいいかというと、
いや、自由席の車両の何が悪いのかというと、
トイレが汚い……

それだけでも、なんだか移動中はイヤな気分になってしまいます。

べつにグリーン車に乗るのは、
社長や金持ちやVIPだけとは限らないのです。

ちょっとだけ奮発してお金を払えば、
気分的には天と地の開きほどの(少し大袈裟)気分の差が味わえるのです。

夏に新幹線や特急列車で出張をする方、
グリーン車の利用も検討してみてはいかがでしょうか?



posted by 雲 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

ティダムーン



こんど奄美大島にいったら、
ここ泊まりたいぜ♪










posted by 雲 at 01:05| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

2012年04月22日

ニューヨークの夜景

窓から見えたらテンション上がる景色 ブログネタ:窓から見えたらテンション上がる景色 参加中


ニューヨークの夜景。
高さは少なくとも30F以上が必要です(笑)。







posted by 雲 at 10:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

GWの予定

GWの予定もう決まってる? ブログネタ:GWの予定もう決まってる? 参加中
本文はここから






フィリピンのセブ島に行きセレブ的に南国リゾートを満喫するか、
サイパンでマリンスポーツとゴルフ、それにスカイレジャーを満喫するか、
シンガポールのユニバーサルスタジオと、世界最大の水族館でを楽しむか、
グアムでドッグレース見るか、
バリ島の滝でマイナスイオンを浴びるか、
香港か台湾で街中グルメを楽しみまくるか、
マカオで世界最大のカジノでひともうけするか、
中国に行き万里の長城観光するか迷ってます。

あ、嘘です。

まだ、なーんも予定たてたませんしょぼん




posted by 雲 at 09:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

お洒落な街といえば?

お洒落な街といえば? ブログネタ:お洒落な街といえば? 参加中


やっぱりフランスのニースかなぁ。

コートダジュール!

常にそこには青い海が横たわり(この青さは写真では絶対に伝わらないと思う)、朝はとれたて魚と新鮮野菜が並ぶ朝市を楽しめるし、
街にはそこそこ大きなショップから小さなショップまでが揃っているので買い物や生活にも不自由しないし。
ちょっと贅沢しようと思えば、ミシュランの二つ星レストランの「シャントゥクレール」がネグレスコホテルの中にあるし(結構ソースが濃厚です)。

また、小高い丘にちょこっと登れば、素晴らしい景色を一望できる。
地形の作り的には熱海なんだけども、熱海とは全然違う(あたりまえですが)。

バスに乗ればすぐにモナコだし、電車にのればすぐに北イタリアにも行ける。

立地もいいし、景色も街も素晴らしい。

お洒落な街というよりも、素敵な場所といったほうがいいのかもしれませんね。



そういえばニースといえば、ニースロケの映画に松下奈緒と阿部寛主演の『アジアンタムブルー』を思い出します。

阿部寛/松下奈緒/アジアンタムブルー

阿部寛/松下奈緒/アジアンタムブルー
価格:4,935円(税込、送料別)



内容はそれほど面白いというわけではなかったけれどもね(爆)。
ただ、景色は素晴らしかったですね(でも、やっぱり映像だとニースの持つ素晴らしい青さのニュアンスは半分も伝わらないなぁ)

posted by 雲 at 09:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

温泉行きて〜

お風呂にどれくらい時間かかる? ブログネタ:お風呂にどれくらい時間かかる? 参加中


昔はカラスの行水で、
それこそ3分とか5分でしたね。

カップ麺にお湯入れて、
風呂にはいって
上がった頃が丁度食べごろというぐらいの短さ。


ところが、今では、風呂が好きになっちゃって
だいたい20分から30分ぐらいの長さになってしまいました。

時には1日3〜4回はいることも。

今週と先週はけっこう寒かったじゃないですか?

だから、3回はいる日も結構ありました。

朝昼晩と。

ああ温泉行きたいなぁ。

これぐらいの寒い季節に、
東北の寒い温泉に浸かりまくりたいですね。

湯上りにビールとともに
寒ブリとかの刺身や
天ぷらを食べて、






浴衣の上にドテラを着、
テレビを見ながらビール飲んでまったりして、





寝る前にまた温泉に軽く浸かって、
あがったら今度は日本酒とサキイカとカキの種(わさび味)を食べて(笑)、





で、眠くなったらアンマさんを呼んで、マッサージをしてもらっている間にそのまま寝ちゃって、で朝起きたら、ご飯とみそ汁と納豆と味付けのりと魚の干物を食べたい(笑)。


ベタな旅館ライフですが(笑)。


そういえば味付け海苔って、あんまり好きじゃないし、自宅で食べることはまったくないのですが、旅館の朝の味付けのりって妙においしくないですか?(笑)
生卵と一緒に食べる味付けのり。

ピリっと旨い♪食卓の常備品味付けのり

ピリっと旨い♪食卓の常備品味付けのり
価格:375円(税込、送料別)




と、温泉で食べる食べ物を書いているうちに、本当に温泉に行きたくなってしまいました。

嗚呼、五所川原の温泉とか行ってみたい。



青森には何度か行ったことはあるのですが、考えてみれば宿泊は青森市内ばかりでした。

日本海側の鰺ヶ沢とか、五所川原などのエリアに旅し、ゆるーりと過ごしたいなと最近思っておりまする。


posted by 雲 at 14:54| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


雲風呂」の先頭へ初ジャズ