ホテル予約ならHotels.com

2017年08月23日

吉牛「頭の大盛り」ネギだく弁当の朝飯


朝飯は吉牛を食べたくなり(牛丼ではなく吉牛)、それも昨日の深夜から吉牛、吉牛状態だったため、吉牛に行き、頭の大盛りのネギだく弁当を作ってもらい、家で食べる。

なぜ、弁当にするのかというと、吉牛は店で食べるより、弁当で食べるほうが美味いから。

弁当のスチロールの容器の蓋がされることにより、湯気で良い具合にご飯と肉がスチームされて優しく柔らかくなっている。

冷蔵庫の中にあった冷や飯をレンジで温める。

その間も、牛丼弁当の容器の中で牛丼が蒸らされている。

ほどよく冷めて、温かくなってきている。

牛丼の肉も、少々冷めたほうが、味がよくわかる。

レンジで温まった白飯の上に、肉と玉ねぎを乗せてまずは一口。

牛皿withご飯の感覚。

これをしたくて、頭の大盛りにしたわけだ。

しばらく白米と牛と玉ねぎを楽しんだ後、残りの飯を牛丼の容器にぶちこみ、割った生卵に醤油をかけてよくかき回した後に、弁当の容器にかけて、一気にかきこんだ。

タクアンのつぼ付けと、白菜キムチとともに。

レンジに残っていたご飯は茶碗2杯分なので、朝からじつに3杯食べたことになる。

すごい満腹感。

これで1日頑張るぞ!


posted by 雲 at 07:56| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: