ホテル予約ならHotels.com

2014年10月12日

What Is There To Say ジェリー・マリガン



映画『真夏の夜のジャズ』直後のレコーディングです。

ある意味、
もっとも充実していた時期のマリガンをとらえた録音かもしれません。

アート・ファーマーの参加もツボ。

地味なんだけど彩り豊かなサウンドカラー。

通好みなアンサンブル。

落ち着いた気分でじっくり鑑賞したい優良ジャズの見本のようなものですね。


ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ
ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ

▼収録曲
1. ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ
2. ジャスト・イン・タイム
3. ニュース・フロム・ブルーポート
4. フェスティヴ・マイナー
5. アズ・キャッチ・キャン
6. マイ・ファニー・ヴァレンタイン
7. ブルーポート
8. アター・ケイオス




posted by 雲 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。