ホテル予約ならHotels.com

2014年10月08日

マックス・ローチ・4・プレイズ・チャーリー・パーカー



リーダーのマックス・ローチには申し訳ないんですが、
彼のドラムよりも、
ケニー・ドーハムのトランペットを聴きたいときに
手が伸びるアルバムなんですね……。

あ、あとテナーサックスのハンク・モブレイもいい味だしています。

Max Roach 4 Plays Charlie Parker
Max Roach 4 Plays Charlie Parker

▼収録曲
1. Yardbird Suite
2. Confirmation
3. KoKo
4. Billie's Bounce
5. Au Privave
6. Parker's Mood
7. Raoul
8. This Time The Dream's On Me
9. Tune-Up
10. Anthropology (Thriving On A Riff)





posted by 雲 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。