ホテル予約ならHotels.com

2014年10月08日

ジョー・パス ニールス・ペデルセン



ジョー・パスのギターと、

ニールス・ヘニング・エルステッド・ペデルセンのベースによるデュオ、

『チョップス』。


あっと舌を巻くほどの
テクニックを惜しげもなく披露するペデルセン。


ジョー・パスのギターの味わい深さを
饒舌すぎるベースが殺しているのかと思えば、
そういうわけでもなく、
絶妙なバランス加減の上に成り立っているとは思いますが、

うーん、やっぱりもう少し音数は少ないほうが……。


Chops
Chops

▼収録曲

1. Have You Met Miss Jones
2. Oleo
3. Lover Man
4. 5 Pound Blues
5. Come Rain Or Come Shine
6. Quiet Nights Of Quiet Stars
7. Tricrotism
8. Old Folks
9. Yardbird Ste
10. In Your Own Sweet Way


もっとも、ベーシストが聴けば、
もっと練習するぞ〜!という気分にはなるかも。

あ、ギタリストもそうかもしれないけど。




posted by 雲 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。