ホテル予約ならHotels.com

2014年01月11日

チック・コリア アコースティック・バンド




悪くはないんだけれども、
むしろクオリティは高いんだけれども、
それでも、どうにも面白くないというか、
グッとくる要素が皆無とはいわないけれども、
あまりグッとこないのは何故(*・∧・*)?


スタンダーズ・アンド・モア
スタンダーズ・アンド・モア

▼収録曲
1. ベッシーズ・ブルース
2. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
3. ソー・イン・ラヴ
4. ソフィスティケイテッド・レディ
5. 枯葉
6. いつか王子様が
7. モーニング・スプライト
8. T.B.C.(ターミナル・バゲッジ・クレイム)
9. サークルズ
10. スペイン



この頃のチックは、
スタジオでの演奏よりも
ライブのほうが数倍面白い演奏をしていたように感じます。


このギャップ、何故(*・∧・*)?
posted by 雲 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック