ホテル予約ならHotels.com

2013年12月14日

レディ・ソウル ヴァイ・レッド



キワモノくささがプンプン漂うジャケット。

さらに、

“チャーリー・パーカーの流れを汲む
 女性アルト奏者が
 アトコに残した元祖「幻の名盤」”

というキャッチコピーにも
なーんだかキワモノくささがプンプン。


で、聴くと?
良い意味で予想を裏切られました。


某日本人女性サックス奏者よりは全然マシです(・∀・)b
(比較するのも失礼な話かもしれませんが)


テクニック、というよりも、
フィーリングにブルースを感じるんですね。


こればっかりは、日本人はどんなに努力しても無理なのかなぁ?


レディ・ソウル
レディ・ソウル

▼収録曲
1. ウィル・ビー・トゥゲザー・アゲイン
2. ユアーズ
3. レディ・ソウル
4. アー・スウィート・ミステリー・オブ・ライフ
5. ユア・ラヴ・イズ・ライク・ザ・ウィンド
6. ソルティ・パパ・ブルース
7. イーヴル・ギャルズ・ドーター・ブルース
8. ザッツ・オール
9. ネクスト・タイム・ユー・シー・ミー
10. ジス・ラヴ・オブ・マイン
11. オール・アイ・ニード・イズ・ユー






posted by 雲 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。