ホテル予約ならHotels.com

2013年04月08日

仕事の9割は世間話



私の場合は9割5分だったりして(・∀・)b もちろん、相手、仕事内容、重要度などの変数が常に伴うのでケースバイケースであることは言うまでもないが、仕事内容そのものも重要ながらも、その仕事を“任せて”もいい相手なのか否なのかということを見極めることも大事。 出版社の宣伝部に勤めていた頃は、1日に3社、多いときには5社以上の業者や代理店、カメラマンやデザイナーが営業にやってきた。その過程で、おそらくは1000人以上の方と名刺交換させていただいたが、振り返ると発注するまでにいたった仕事は、会社の大小や知名度、スペックなどよりも、担当者の人柄で決まったことが圧倒的に多かったことを思い出す。やっぱり魅力のない人と仕事はしたいとはあまり思えないんですよ。 だからこそ、世間話が重要な“こと”もある。 もちろん、それだけではないのだけれど。
仕事の9割は世間話 (日経プレミアシリーズ)

仕事の9割は世間話

  • 作者: 高城 幸司
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2012/05/09
  • メディア: 新書


posted by 雲 at 09:57| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。