ホテル予約ならHotels.com

2013年02月24日

瞑想のすすめ



今はやっていないから あまりエラそうなことは言えないけど、 瞑想はいいですよ。 ハマッていたのは中学生の時。 今ふりかえると、 30〜40歳ぐらいまでの自分の姿って、 中学〜高校生のときに行っていた瞑想の過程において、すでに頭(心)の中に基本的な骨格がデザインされていたのだなと驚いてしまいます。 十代半ばで、未来の枠組みをインプット。 二十代で、無意識にインプットされた骨格を形成するために馬車馬のように動き回り、 三十代で、実ってきた果実を少しずついただきました、って感じ。 心の安楽や平静は正直瞑想によって手にすることはできなかった(最初はそれが目的だったんだけど)。 しかし、それとはまったく違う副産物を手に入れることができ、それはそれで良きことかな、だったんじゃないかと。今思えば。
瞑想のすすめ

瞑想のすすめ

  • 作者: 宝彩有菜
  • 出版社/メーカー: 池田書店
  • 発売日: 2013/02/18
  • メディア: 単行本


posted by 雲 at 23:36| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。