ホテル予約ならHotels.com

2013年05月29日

バド・パウエルの呪い




昨日の昼間あたりから、
ずっと後期バド・パウエル独特のピアノの音色(というか少しズレた感じの和音の響き)が頭の中をグルグルとめぐっています。


うーん、なんだこの現象は?

頭のなかにふとよぎった「呪い」という2文字。

なんで、呪われる?

ああそうか、
最近はまったくジャズについてのことを書いていないから呪われてるんだな、だってこのブログのタイトルは「ジャズと子育て」であるにもかかわらず、最近では「すんも」の成長を見たいばかりに、アメブロ設定のQ&Aに答える記事ばかりを書いていたからな、うーん、すんもは横綱まで成長させたいので、それはそのまま続けるとして、でももう少しジャズなことも書こうと思った次第で、きっとバド・パウエルの音が頭の中をグルグルまわっているということは、まずはバドを聴こうと思い、頭の中の和音の響きは、おそらくは『イン・パリ』の《ボディ・アンド・ソウル》であろうと推察されるので、まずは『イン・パリ』をかけ、このブログにそのことを書くことによって、半ばパウエルの呪縛からは解放されるんじゃないかと思って今現在コレを書いていますが、もしそれでもダメだったら、かねてから行きたいと思っていた埼玉県久喜市にある「珈琲パウエル」にでもお邪魔してみようかと思います。






































あっ、音が止まった(・∀・)b





posted by 雲 at 10:46| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。