ホテル予約ならHotels.com

2012年08月13日

森高千里 シングルス



蚊とハエ、嫌なのは? ブログネタ:蚊とハエ、嫌なのは? 参加中

私はハエ派!




蚊とハエ、嫌なのは?



と問われれば、



本当は両方イヤなんですが、
強いて言えばハエですね。



きちゃなうざい。




ウンコの周りをぶんぶんしているイメージが強いので、きちゃない(汚い)し、中途半端に身体がデカいから、近くを飛び回られるとけっこうな存在感。鬱陶しい。




バシッ!と叩いても死骸を処理するのも、なんだかデカいのでイヤな感じだし、あの三角なルックスは悪魔の使いみたいな感じすらします。(そんな映画なかったっけ?)




蚊も耳元で飛ばれると
ぷ〜ん
とウルサイんですけど、
ハエの飛び回りは、存在自体がウルサイ感じ?




そういえば、森高千里の歌にも《ハエ男》ってありましたね。



やっぱりこの歌もいきなり、
「あいつはウルサイ」からスタートしている(笑)。



ハエ→五月蝿い



というイメージなんでしょうね。




いま、五月蝿いを漢字変換したら、
蝿という文字が出てきたし。




そういえば、森高といえば、
先日、シングルコレクションが出ましたね。




私は、森高のアルバムとシングル全部持っているから買おうかどうしようか迷ってはいますが、デビュー25周年、なかなかソソる企画ものだと思います。




ザ・シングルス(初回生産限定仕様)

ザ・シングルス(初回生産限定仕様)

  • アーティスト: 森高千里
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2012/08/08
  • メディア: CD





今、アキバに行けば、
テレビで流れているのはAKBやアニメの映像ばかりですが、



昔の秋葉原は、街の中のテレビというテレビが森高のライブ映像って時期もあったんですよ。




それぐらい、すごい存在感、人気だったんですね、彼女は。




《ミーハー》、《ストレス》、《今度私どこか連れて行ってくださいよ》あたりが歌われている、古今東西ツアーあたりの映像がピークだったかな。


"古今東西 〜鬼が出るか蛇が出るかツアー"" ― Chisato Moritaka DVD Collection no.4"

  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • メディア: DVD




本当、今観ても遜色ないクオリティだし、
森高こそ、元祖コスプレアイドルだったんだよなぁ、って。




昔、宅八郎が森高のフィギュアを握って、オタク度満開な写真があったけれども、



オタク・アキバ・フィギュア・アイドル



のキーワードが、
今となってはフツーに感じられる昨今でも、
森高全盛の当時は、あまり市民権を得ていなかったというか、奇異な眼差しで見られていた時代だったんでしょうね。




宮ア勤の幼女誘拐殺人事件の記憶を漠然と世間が引きずっていた、ということもあるのかもしれません。










蚊とハエ、嫌なのは?
  • ハエ

気になる投票結果は!?







posted by 雲 at 08:10| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: