ホテル予約ならHotels.com

2012年02月22日

吉祥寺横丁の逆襲


先日、『吉祥寺横丁の逆襲』を読みました。

なかなか面白い本でした。





私は昔から定期的に吉祥寺に遊びに行っているのですが(というか「ホープ軒」にラーメンを食べに行き、ディスクユニオンでCDを買っているのですが)、この街の歴史に関しては全く知りませんでしたし、これほどまでに奥深い魅力がある魅力だということは、正直、この本を読むまではまったく気が付きませんでした。

おもに横丁の食べ物屋さんの紹介に多くの紙数がさかれていますが、読むだけでお腹がグ〜と鳴ってきます(笑)。

また“吉祥寺の文化を作った男”野口伊織氏に関しても多くのページ数が割かれており、ジャズおよびジャズ周辺のニッポン音楽文化に興味のある方は、その章を読むだけでも楽しいのではないのでしょうか?
もちろん、寺島靖国氏に関してもちょこっと登場しますし、このお二人の対比した考察も「なるほど!と」思わせてくれます。

吉祥寺に住んでいる人も、
吉祥寺に住んでいた人も、
吉祥寺に憧れている人も、
吉祥寺に住もうと考えている人も、

これを読めば、ますます吉祥寺が面白くなる!

お勧め本だポン!






posted by 雲 at 08:58| Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。