ホテル予約ならHotels.com

2012年02月04日

恵方巻き食べました

昨日、恵方巻き食べましたよ。


2012年の方角、
北北西を向いてガブリと。



いただきものもあったりで、
全部で3種類食べました。

昼も夕方も夜も深夜も。

ごぼうが巻いてあるバージョンや、
ふわふわ玉子の量が多いバージョンなど、
具在のバリエーションによって味がまったくかわるので、食感の違いを楽しめて、それはそれで面白かったですね。(レシピのサイトもいろいろと検索しましたが、ほんと色々な解釈があるのですね)

バリエーションといえば、恵方巻きの呼び方にもいろいろあるみたいで、丸かぶり寿司、恵方寿司、招福巻、幸運巻、開運巻き寿司とも呼ばれているようです。


ま、呼び方はどうでもよいんだけどさ、
とりあえず、たくさん恵方巻きがあれば、
それだけたくさんビールもすすむしさ(笑)。
よきことです。

でも、もうしばらく酢飯モノはいいやって感じですショック!

で、昨日は恵方巻きの日でもあるのですが、
節分なんですよね。

でも、豆まきはしませんでした。

そういえば、ここ数年豆まきしてないな。

マンションだし、
あんまり派手に
鬼は外!をやると、
近隣にお住まいの方がたに迷惑ですし。

そんな住宅事情にうまく浸透してきましたね、「恵方巻きを食べる」という関西の習慣が。

なにしろ、豆まきすると、掃除大変だし、
アパートやマンションに住んでいる人にとっては
なかなか「豆まき」はやりづらい習慣ですからね。

それに比べれば恵方巻きは、
ただ買ってきて食べればいいわけですから(ま、方角があったり黙って食べるという儀式めいた要素はあるのですが、かえってそれが良いのでしょう)。

関西発祥の習慣でありながら(面白い由来みつけちゃいました⇒こちら)、もうすっかり関東にも定着してしまった感はありますね。

1月も中旬を過ぎると、コンビニもスーパーも恵方巻きの予約承りますのポスターや張り紙が貼られまくりますから。

食品店からしてみても、単価の安い豆を売るよりも、
恵方巻きのほうが高いし、
恵方巻きセットも出ているぐらいですから、
家庭で作る派の人々に向けては、海苔や玉子や玉子焼きやかんぴょうや桜でんぶや椎茸、きゅうりなどの具在も売れるわけですからオイシいイベントなのでしょうね。







お菓子屋さん(パン屋さん)も恵方巻きの習慣に乗じて「恵方巻きロールケーキ」などを売りだしているようですが、さすがに今年は食べなかったな。



覚えていれば、来年トライしてみようと思います。




posted by 雲 at 15:44| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。