ホテル予約ならHotels.com

2011年12月10日

ヨドバシカメラ プラモコーナーin秋葉原(2) ミドルストーンの謎

アキバのヨドバシでデザインナイフを買い、
あとは、いくつかラッカー系の塗料を買いました。

今回は、そういえば「ミドルストーン」がなくなっていたな、と思い久々にミスターカラーの塗料のコーナーでミドルストーンに手を伸ばしてビックリ。

昔使っていた私の記憶の中のミドルストーンとずいぶん色合いがかわっていたので。




といっても、あくまで、瓶の蓋の色なので、実際の塗料の色はわかりませんが。

なんとなく、以前よりも格段に明るく、ダークイエローに近い色になているような。

ミドルストーンって、個人的なイメージですが、英国空軍の迷彩色に使われている色なんですね。

昔、ハリケーンなんかを作ったときには機体上面にプシュー!っとエアブラシで吹いた記憶があります。ダークグリーンとの迷彩がバッチリ決まる色って感じ?





だから、どうしてもイメージが砂漠的というか、岩と砂の中間をイメージするダークイエローよりもブラウンよりで濁った色、というイメージだったんです。

でも、今回のミドルストーンはちょっとニュアンスが違うんですね。
ま、実際に塗ってみないと分からないのですが、さて、どうしたものか、現在下地塗装中のマシーネン・クリーガーの「SAFS」にアクセントで塗ってみるかな。


(上の写真、本当はSAFSじゃなくて、ラプターなんですが、SAFSの発展型ということで……)

今、製作中のS.A.F.S.は、ウェーヴ製のものですが、その昔、私が高校生のときにはNITTOからSAFSのプラモが出ていたのですが、その中の何体かは、私はミドルストーンとオリーブドラブを混色して塗った記憶があります。

たしか横山宏センセも、「Hobby Japan」誌でSAFSが初登場した回の号で(ナッツロッカー撃破!砂の中から出現したSAFSが衝撃でした!)、SAFSの色が、ミドルストーンとオリーブドラブって書いていたような記憶があるので、その色で塗ったら、けっこうイメージ通りでかっこよかった記憶があります。(ちなみにそのSAFSは、地元の模型店のコンテストに出品したら、銀賞を取った記憶があります)


ま、横山センセも『モデリングブック』に「ミドルストーンの謎」というコーナーを設けているほどなので、この色は色々と研究の価値がある奥深い色なのかもしれませんね。


発売中 大日本絵画大日本絵画 横山 宏 Ma.K.モデリングブック (書籍)(U7662)

大日本絵画 横山 宏 Ma.K.モデリングブック
価格:3,990円(税込、送料別)








posted by 雲 at 20:53| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。