ホテル予約ならHotels.com

2009年11月02日

斉藤由貴の『チャイム』

アルバム『Chime』の《水の春》が好きで、発売当時はよく聴いたものです。

どちらかというと、このアルバムは、当時流行った《青空のかけら》の収録が目玉なのかもしれないけれども、私は断然この曲のほうが好きでしたね。
突っ込み気味の打ち込みドラムにのって、

勢いよく展開される音世界、
なかなか凝ったシンセのアレンジに胸をワクワクさせて聴いていました。


もちろん、滅茶ウマ!ってわけではないけれども、斉藤由貴の透明感と清涼感溢れるヴォーカルもなかなか良いですよ。
サクッと心地よく、最後まで一気に聴けてしまう、

単にアイドルのアルバムの一言で片付けるにはもったいない1枚ですね。


【20%OFF】[CD] 斉藤由貴/チャイム(HQCD)

[CD] 斉藤由貴/チャイム(HQCD)
価格:2,241円(税込、送料別)




posted by 雲 at 09:43| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。