ホテル予約ならHotels.com

2009年07月13日

不器用だけど、ジャズへの熱い想いは誰にも負けないぜっ!という気迫を

言葉ではなく、テナーサックスの音にたっぷり込めて発散する男一匹サックス野郎。ビリー・ハーパー。


熱意は分かるけど、あまりにも音が一本調子?
曲によっては、途中でパカポコ鳴りだすカウベルがダサい?
アドリブのところどころのクネクネフレーズがクドい?
ゴリゴリ、ゴツゴツ、“引き”の美学っていうの、アナタ知らないの?


そんな声が色々と聞こえてきそうです。


でも、いいんです。過剰な愛情表現は、時として暑苦しくて鬱陶しいものなのです。


あとは、受け手がどう受け止めるか、にかかってるのですね。

手をいっぱいに広げて、ド根性サックス野郎の熱意をガシッ!と受け止めてあげようではありませんか。
だって、これほどまでに真摯で気合の入った演奏って、滅多にありませんですぜ。
なんだか、よーわからんけど、なんでそこまで頑張ってるのか細かい事情はよー分からんけど、コイツ、結構ガンバッてるじゃない。やるじゃないか、骨があるねぇ、漢(おとこ)だねぇ、惚れた!気に入った!
きっと、初めて彼を聴いた人の8割はそう思ってくれるに違いない。と、勝手に想像しています。


Black Saint/Billy Harper
¥3,594
Amazon.co.jp

posted by 雲 at 13:37| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: