ホテル予約ならHotels.com

2009年05月28日

《イングリッシュマン・イン・ニューヨーク》が好き。

歌詞が良い。
朗々と、そして切なく鳴り響くブランフォードのソプラノが最高。


軽やかなレゲエタッチのリズムに痺れる。


途中の4ビートに移り変わる瞬間がエキサイティング
この曲全体の“気分”が、いい。
そして、もちろんスティングの歌声もよろし。


この曲の“一曲聴き”のために何度カセットを巻き戻し、CDをリピートさせたことだろう。


ナッシング・ライク・ザ・サン/スティング
¥2,320
Amazon.co.jp


posted by 雲 at 16:04| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: