ホテル予約ならHotels.com

2009年05月26日

坂本龍一の名曲に黄土高原というのがあるんだけど(『未来派野郎』収録)、

このメロディに無理矢理(!?)歌詞をつけちゃった曲が、飯島真里の<遥かな微笑み-黄土高原->でして、これは当時は12インチシングルとして、キレイなジャケットで発売されておりましたが、最初はこの歌の“無理矢理感”に違和感を感じていた私でありましたが、さすがに飯島真里が教授が『未来派野郎』のレコーディング中のスタジオに遊びに行った際に<黄土高原>の録音したてのトラックを聴いたら「神を感じた」だけあってか、妙に♪高っく・高っく・空へ〜 のハイトーン・ボイスが次第に癖になってきたわけですが(それこそ<愛おぼえてますか>のクライマックスばりにね)、どういうわけか、私、10年前からそのレコード無くしちゃってですね、時々無性に<遥かな微笑み-黄土高原->を聴きたくなったときに重宝しているのが、この飯島真里のベスト版でありまして、特筆すべきは“飯島真里としての飯島真里”の歌のほかにも“リン・ミンメイとしての飯島真里”の歌も多数収録されていることだと思うのですが、あ、ご存知無い方に説明しておきますと、彼女が世に出るキッカケとなったアニメ『超時空要塞マクロス』の劇中での歌が入っているということでありまして、『マクロス』のミンメイといえば<私の彼はパイロット>が代表曲なのでしょうし、もちろん、その曲も2バージョン収録されておりますが、どちらかというと私は簡潔かつ小粋な<シルバームーン・レッドムーン>が大好きなのであります。


マクロス・ファンかつ真理ファン必携のCDと言えましょう。


NEW BESTONE/飯島真理
¥4,600
Amazon.co.jp



posted by 雲 at 19:28| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: