ホテル予約ならHotels.com

2009年03月12日

知的興奮。仕事中は、ランディ・ウェストンをかけっぱなしなことが多い今日この頃。

リトル・ナイルス(紙)/ランディ・ウェストン
¥2,429
Amazon.co.jp


比較的初期のランディ・ウェストンで、

北アフリカチックな、

荘厳で重厚なタッチはまだ見られないが、

一筋縄ではいかない、

ほんのり偏屈なピアノは、

すでに現在のスタイルにも通ずる邦画がある。


『ポートレイト・オブ・セロニアス』も同様だが、

仕事中に、ボリュームを少し絞り気味にして聴くと、

けっこう能率があがるのが、

ランディ・ウェストンのピアノ。




posted by 雲 at 17:45| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。