ホテル予約ならHotels.com

2019年03月24日

YMOのONGAKU 藤井丈司


『テクノデリック』のレコーディングで、
最初に取り掛かった曲は《体操》で、
その頃は、まだサンプラーを導入することは考えられていなかった。

「シンセなくてもYMO」
⇒だから生ピアノ
(スティーヴ・ライヒ的ミニマル・ミュージック的な)


へぇ、そうだったんだ!


この「へぇ、そうだったんだ!」が
100連発の本です。




YMOのONGAKU




posted by 雲 at 16:21| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする