ホテル予約ならHotels.com

2019年03月20日

エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える


涼宮ハルヒの『エンドレスエイト』は、
実験的とか、
クリエイターのエゴが暴走というような文脈で語られているのが一般的だし、
本書も、そのようなムードが前提として
論がすすめられている。


エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える


でも、個人的には、全話、退屈せずに面白く観れたんだよね。

なにせ、ハードバップ好きなジャズ聴きですから。
大筋は分かった上で、
微妙な差異を楽しめる感性。

これぞ、ハードバップ好きならではの嗜好。

もちろん、「あの8話(∞話)」を
かくも分厚い分量の書籍にしておきながらも、
まったく退屈することなく、
最後まで引き付けて読ませてしまう力量もたいしたもの。




posted by 雲 at 21:15| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。