ホテル予約ならHotels.com

2018年10月10日

澤野工房物語 下駄屋が始めたジャズ・レーベル、大阪・新世界から世界へ


私が澤野工房が出すジャズのアルバムに愛着を感じるのは、
下駄好き、
というか、ふだんの履き物は下駄が中心だからなのかもしれない。

下駄派。


澤野工房物語 下駄屋が始めたジャズ・レーベル、大阪・新世界から世界へ



『スイング・ジャーナル』の広告の裏話などは、
やはり!という感じはしたけれど、
やっぱりそうだったのね、と。


山中千尋に関しての記述が
もっとあれば良かったかな。


posted by 雲 at 18:40| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする