ホテル予約ならHotels.com

2017年04月17日

セッション/デイミアン・チャゼル


これはもうスポコンんですな。

鬼教官。

考え得る限りの悪口雑言を並べ立てる。

だから、個人的には邦題の「セッション」よりも、
原題の『WHIPLASH』のほうがシックリくるんだけどね。


人から認められたい、でも努力はできうるかぎりしたくない。
できるだけ「効率」を追求して人から認められるようになりたい。
そんなことを考えている「ゆとり世代」に見せたい一作ですね。


以前、この映画をめぐって、
町山智浩vs菊池成孔論争なるものがあったようですが、
あんまし興味ないので、
論争の詳細は知らんです。


でもね、音楽の出来がどうのこうのとか、
ジャズか非ジャズかどうのこうの以前に、
ジャズってぇもんは、
真剣に打ち込めば打ち込むほど、
人はクレイジーになる、
クレイジーになる価値のある音楽であることは確かなんだよということを
改めて確認することが出来た作品でもあります。

ま、ジャズに限らずなのかもしれないけど。


セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]
セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]



posted by 雲 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日のつぶやき


















posted by 雲 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


雲風呂」の先頭へ初ジャズ