ホテル予約ならHotels.com

2016年05月11日

チャーリー・クリスチャン 教則本


ベースでチャーリー・クリスチャンのフレーズを
コピーしてみようかななどと
無謀なことを考えている私。


で、CD付きの教則本。
(・∀・)b

The Best of Charlie Christian: A Step-by-step Breakdown of the Styles and Techniques of the Father of Modern Jazz Guitar (Guitar Signature Licks)
The Best of Charlie Christian: A Step-by-step Breakdown of the Styles and Techniques of the Father of Modern Jazz Guitar (Guitar Signature Licks)


もっとも、クリスチャンのギターは、
残された音源が古いものばかりにもかかわらず、
一音一音の粒立ちがとてもハッキリしているので、
すごく音を拾いやすいんですよね。


耳コピをしたほうが練習になることはわかっているんだけど、
でも、判断がつかないときのアンチョコとして
傍らに置いておくのも悪くないかもしれません。
(・∀・)b


もちろん、ジャズギターをこれから始めようという入門者も、
クリスチャンから入るのも悪くないかもしれません。

なんといっても、源流ですからね。

ウェス・モンゴメリーも、バーニー・ケッセルも、
クリスチャンから出発していますから。



posted by 雲 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 譜面 教則本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。