ホテル予約ならHotels.com

2015年08月01日

中山康樹 ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?


音楽評論家・中山康樹が最期に放つ
渾身の一冊!


なるほど、これまでの「ウイントン観」が
軽やかに覆されてしまった。

ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?
ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?

無性にウイントンのデビューの頃の音源が
聴きたくなってしまった。

▼レビューはこちらです。
中山康樹は何と闘い続けてきたのか?〜中山康樹・最期の著書『ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?』


posted by 雲 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。