ホテル予約ならHotels.com

2015年01月22日

テイク・テン ポール・デスモンド



まろやかなポール・デスモンドと、
まろやかなジム・ホールの相性はバッチリ。

バッチリ過ぎて、
逆に、まったくサウンドキャラが対照的な
ブルーベックとのコンビが長く続いたのかもしれませんね。

Take Ten
Take Ten


1. Take Ten
2. El Prince
3. Alone Together
4. Embarcadero
5. Theme from "Black Orpheus"
6. Nancy (With the Laughing Face)
7. Samba de Orfeu
8. One I Love (Belongs to Somebody Else)
9. Out of Nowhere
10. Embarcedero (Alternate Take)
11. El Prince (Alternate Take)

posted by 雲 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルス・イン・ヨーロッパ


うーん、やっぱり好きっす。 同じメンバーだと、 フォア・アンド・モアがやっぱり一番好きだけど、 それが好きだからこそ、それのバリエーションだと思って聞けるからいいんですよ。
Miles in Europe

Miles in Europe

  • アーティスト: マイルス・デイヴィス
  • 出版社/メーカー: Sbme Special MKTS.
  • 発売日: 2008/04/01
  • メディア: CD
▼収録曲 1. Introduction by Andre Francis 2. Autumn Leaves 3. Milestones 4. I Thought About You [*] 5. Joshua 6. All of You 7. Walkin'
posted by 雲 at 11:50| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォルター・デイヴィスJr. パリでのライブ



選曲も、パウエルの影響がうかがえますが、
リズムセクションもパウエルとの共演者、
さらに、デイヴィスのタッチまでもがパウエル的。

ただ、彼は性格的に「間」を嫌うのかな?

曲の終わりを潔く「ジャン!」と終われないキライあり。

未練を残したまま音を鳴らしながら、
客が拍手する間もなく、
次の曲に突入。

たとえば、《シリア》とか。

曲が終わったら、曲の余韻をズルズルとピアノで奏でて、
突然《シリア》に突入。

あわてて、ドラムとベースがついていき、
演奏のテンポが一定の巡航速度にまで落ち着くのに多少時間がかかる。

こういう面も含めて、
なかなか彼の人間も如実に現れているようなライブなのです。

ブルーノートの作品に比べると、
どうもセッカチなピアノですね。

臨場感とライブ特有のあわただしさは、
音は悪いけれども感じられるところがイイんですが。


Live Au Dreher

Live Au Dreher

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pjc
  • 発売日: 2000/12/04
  • メディア: CD



▼レビューはこちらです。
ライヴ・オ・ドレーアー

posted by 雲 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Land of the Sun



色々なピアニストと共演してきたチャーリー・ヘイデンですが、
ゴンサロ・ルバルカバとの共演盤は、
なかなか情熱的。

ヘイデンはいつもの通りのベース。

曲とゴンサロが情熱的なのです。

一人でじっくり鑑賞も良し。

賑わうパブなどでかけてもグー。(・∀・)b


Land of the Sun
Land of the Sun



posted by 雲 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーニー・ケッセル First Four Albums



たしかに最初に聴く4枚かもしれない。

バーニー・ケッセルの代表作4枚が、
2枚のCDに収録。


First Four Albums
First Four Albums

posted by 雲 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アランフェンス組曲 ジム・ホール



もちろんリーダーのジム・ホールも味わい深いが、
とろけるようなチェット・ベイカーのラッパも素敵♪


マイルドなジム・ホールのギターと
マイルドなチェット・ベイカーのトランペットにウットリ♪


Concierto
Concierto
▼収録曲
1. You'd Be So Nice To Come Home To
2. Two's Blues
3. The Answer Is Yes
4. Concierto De Aranjuez
5. Rock Skippin'
6. Unfinished Business
7. You'd Be So Nice To Come Home To
8. The Answer Is Yes
9. Rock Skippin'


posted by 雲 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポール・デスモンド 1975: The Duets



ポール・デスモンドとデイヴ・ブルーベックのデュエット。

ジャケットに惹かれて聴いてみたら、
アタリ!でした。(・∀・)b

1975: The Duets: Originals (Dig)
1975: The Duets: Originals (Dig)


posted by 雲 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックストーン・レガシー ウディ・ショウ


ガツン!ときます。

マイルス⇒ビッチェズ・ブリュー

ショウ⇒ブラックストーン・レガシー

変革と熱血演奏の時代だったのです。


Blackstone Legacy

Blackstone Legacy

  • アーティスト: Woody Shaw
  • 出版社/メーカー: Contemporary
  • 発売日: 1999/05/04
  • メディア: CD
▼収録曲
1. Blackstone Legacy
2. Think On Me
3. Lost And Found
4. New World
5. Boo-Ann's Grand
6. A Deed For Dolphy

posted by 雲 at 07:51| ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国府弘子「ライト・アンド・カラー」


ミシェル・カミロのニュアンスが好きな人なら、気に入るはず。
もちろん、カミロよりも柔らかな女性っぽいニュアンスで、聴きやすさ満点。

イヴァン・リンスも参加。

ライト・アンド・カラー / 国府弘子 (演奏) (CD - 1991) ライト・アンド・カラー / 国府弘子
posted by 雲 at 07:51| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Songs in the Key of Life スティービー・ワンダー


やっぱり、

スティーヴィーはいいなぁヽ( ̄▽ ̄)ノ

曲も声も。


Songs in the Key of Life

Songs in the Key of Life

  • アーティスト: スティービー・ワンダー
  • 出版社/メーカー: Motown
  • 発売日: 2000/05/02
  • メディア: CD
▼収録曲
ディスク:1
1. Love's in need of love today
2. Have a talk with God
3. Village ghetto land
4. Confusion
5. Sir Duke
6. I wish
7. Knocks me off my feet
8. Pastime paradise
9. Summer soft
10. Ordinary pain

ディスク:2
1. Isn't she lovely
2. Joy inside my tears
3. Black man
4. Ngiculela - Es una historia -I am singing
5. If it's magic
6. As
7. Another star
8. Saturn
9. Ebony eyes
10. All day sucker
11. Easy goin' evening (My Mama's call)

posted by 雲 at 07:38| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Scar


サックス⇒オーネット・コールマン(・∀・)b

ギター⇒マーク・リボウ(・∀・)b

ピアノ⇒ブラッド・メルドー(・∀・)b

ベース⇒ミシェル・ンデゲオチェロ(・∀・)b

うーん、超豪華な(というか私好みなだけか?)布陣ではありませぬか。


もちろん、ジョー・ヘンリーのヴォーカルも深い!


Scar

Scar

  • アーティスト: ジョー・ヘンリー
  • 出版社/メーカー: Fontana Mammoth
  • 発売日: 2001/05/30
  • メディア: CD


posted by 雲 at 07:33| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひらく夢などあるじゃなし 三上寛


昭和的、ダークな情念がトグロを巻くディープな声と言葉。


アンダーグラウンド感むんむんの退廃チックなムード。


平成の今こそ再評価されるべきかも。


ひらく夢などあるじゃなし

ひらく夢などあるじゃなし

  • アーティスト: 三上寛
  • 出版社/メーカー: avex io
  • 発売日: 2002/09/11
  • メディア: CD
▼収録曲
1. あなたもスターになれる
2. ひびけ電気釜!!
3. 痴漢になった少年
4. 股の下を通りすぎるとそこは紅い海だった
5. パンティストッキングのような空
6. 一人の女のフィナーレ
7. 昭和の大飢餓予告編
8. 誰を怨めばいいのでございましょうか
9. 夢は夜ひらく
10. 故郷へ帰ったら
11. 気狂い
12. 夜中の2時
13. 五所川原の日々
14. 青森県北津軽郡東京村
15. 葬式 ※〈CDエクストラ〉

posted by 雲 at 07:31| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする