ホテル予約ならHotels.com

2014年09月28日

ウイスキーがもっと美味しくなる本



ジャズとお酒の共通点。

それは、
知識が増えれば増えるほど、味わいも増すということ。


つまり、勉強量に比例して、
楽しみも増えてくるということなんですね。

え? お勉強?
心で、ハートで感じるものではないの?


ま、そりゃそうなんですけど、
少なくとも、感性の乏しい私にとっては、
生のハートだけでは捉えきれないことのほうが多いのです。


なにせ、表現者の感覚や感性のほうが
私より豊かで大きいので、
言葉による補助線はないよりは
あったほうが良いし、


さらに、偉大な表現者に
ちっぽけな自分が近づくためには、
どうしても「努力」が必要だと思うんですよね。


最初から表現者が自分のために
作品を作ってくれていると思うのは傲慢。

芸術作品には、
こちらのほうから努力して近づいていかなければならない。


だから、努力は学習というのは必要不可欠なものだと思うのです。


少なくとも私にとっては。


スポーツでいえばテニスやスキーもそうなのかな?

学習量に比例して楽しみが増すことって
たくさんありますよね?


お酒もそういう側面ありますよね。

言葉や知識が増えて鬱陶しいウンチク魔になるのは、
言葉や知識が悪いのではない。

言葉や知識に振り回される「人間」が悪いだけで、
あるいは、ウンチクたれる「人間」がダサイだけのこと。


言葉に出さずとも、やはり知識が頭の中にあったほうが、
楽しめることって多いのではないかと思います。


だから、より美味しくウイスキーを飲むために!


ウイスキーがもっと美味しくなる本 ([バラエティ])
ウイスキーがもっと美味しくなる本 ([バラエティ])








posted by 雲 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作家のごちそう帖



森鴎外が好きだった食べ物は?

夏目漱石が好きだった食べ物は?

芥川龍之介が好きだった食べ物は?

志賀直哉が好きだった食べ物は?

林芙美子が好きだった食べ物は?

吉田健一が好きだった食べ物は?

開高健が好きだった食べ物は?


……しつこくなるのでストップしますが、


作家22人の好きな食べ物などが紹介された本です。


芥川のことを「大正のスイーツ男子」と形容するあたり、
けっこう今風を意識してますね。

作家のごちそう帖: 悪食・鯨飲・甘食・粗食 (平凡社新書)
作家のごちそう帖: 悪食・鯨飲・甘食・粗食 (平凡社新書)






posted by 雲 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドドズ・バック



基本的に、ジャズピアニストは、
バド・パウエルかセロニアス・モンクが私の中での
「ジャズの中心」みたいなところがあるのですが、

なにか「たったの1枚」だけ
ジャズピアノで大好きで大好きでたまらない
ピアノトリオのアルバムを選べと
拳銃を突きつけられて脅迫されたら、

ウォルター・ビショップの『スピーク・ロウ』か
ドド・マーマローサの『ドドズ・バック』が瞬時に頭に浮かび、

数秒迷って、『ドドズ・バック!』を選ぶんだろうなぁ。


ドドズ・バック
ドドズ・バック</a>

▼収録曲
1. メロー・ムード
2. コテージ・フォー・セール
3. エイプリル・プレイド・ザ・フィドル
4. エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー
5. オン・グリーン・ドルフィン・ストリート
6. ホワイ・ドゥ・アイ・ラヴ・ユー?
7. アイ・ソート・アバウト・ユー
8. ミー・アンド・マイ・シャドウ
9. トレイシーズ・ブルース
10. ユー・コール・イット・マッドネス



最初の2曲、
《メロー・ムード》と《コテージ・フォー・セール》で、
どっぷりドドズ・ワールドに突入!



posted by 雲 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電人ザボーガー スーパージョッキー



こらこら、
ザボーガーのことを笑いものにするでない!




たけしのスーパージョッキーのコーナーですね。
蓮舫、若っ!


posted by 雲 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストリクトリー・パウエル



くわしくは、奄美大島の「音のソムリエ」高良さんのブログにて。


バド・パウエル ストリクトリー・パウエル


いままで、こんなに『ストリクトリー・パウエル』のことが
好きで好きでたまらない人、みたことない。(・∀・)b


ストリクトリー・パウエル
ストリクトリー・パウエル

▼収録曲
1. ゼアル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー
2. コスクレイン
3. 虹の彼方に
4. ブルース・フォー・ベシー
5. タイム・ウォズ
6. トプシー・ターヴィ
7. ラッシュ・ライフ
8. エレジー
9. ゼイ・ディドント・ビリーヴ・ミー
10. 波止場にたたずみ
11. ジャンプ・シティ







posted by 雲 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。