ホテル予約ならHotels.com

2014年07月14日

るろうに剣心 京都大火編


人気の「京都編」、映画化されました。(・∀・)b


監督:大友啓史

脚本:藤井清美、大友啓史

原作:和月伸宏

音楽:佐藤直紀

主題歌:ONE OK ROCK

キャスト:佐藤健、武井咲、伊勢谷友介


製作年:2014年
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
上映時間 139分


2014年8月1日(金)公開


posted by 雲 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

化粧師


もちろん今の椎名桔平もカッコいいけど、
昔はそれにくわえてセクシーだったのよ。(・∀・)b


化粧師 [DVD]
化粧師 [DVD]

キャストも豪華だね♪
椎名桔平、菅野美穂、池脇千鶴、佐野史郎、柴田理恵、柴咲コウ、大杉漣、岸本加世子、岩城滉一、小林幸子、菅井きん、田中邦衛、いしだあゆみ ほか


posted by 雲 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吠えても届かない


幸福なんてものは...
所詮 都市伝説みたいなものだろう


外部との接触を極力避けて暮らす青年が、
社会の不条理に飲み込まれ、運命が狂っていく……。



監督・脚本:マツムラケンゾウ

音楽:三善雅己

キャスト:冨田佳輔、六車奈々、鎌倉太郎


製作年:2013年
製作国:日本
配給:Wonderhearts Planet, inc.
上映時間:80分


2014年7月26日(土)公開


posted by 雲 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

切腹


とにかくビシッと空間を過不足なく切り取った構図は、
まるで舞台。


白黒時代劇映画といえば、
個人的には黒澤明の『七人の侍』よりも、
ストイックな『切腹』のほうが、
個人的にはランクが上なのです。
(もちろん『七人の侍』も好きですが)

驚くべくは、津雲半四郎を演じる仲代達矢の年齢。
なんと30歳前後だったということ。

これは後で知ったんですが、
津雲半四郎って、もう孫が生まれたぐらいの年齢設定だったはず。

それでも、何の違和感も感じさせない貫禄と迫力。

凄い!



斎藤勘解由を演じる三國連太郎も怖くて渋い!

とても、あの「釣りバカ」のスーさんとは結びつかない迫力です。

音楽も武満徹の殺気立ったサウンドが最高だし。


とにかく、あらゆる面で最高としかいいようのない映画なのです。


あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 切 腹 [Blu-ray]
あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 切腹 [Blu-ray]


posted by 雲 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こっぱみじん


憧れの男性がゲイだった!w(゚o゚)w

音楽や効果音なし。ドキュメンタリータッチで描かれた
報われない恋の行方と旅立ちの物語です。


監督:田尻裕司

脚本:西田直子

キャスト:我妻三輪子、中村無何有、小林竜樹


製作年:2013年
製作国:日本
配給:トラヴィス
上映時間:88分


2014年7月26日(土)公開



posted by 雲 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組曲「宿命」 砂の器


言わずと知れた、映画「砂の器」、
悲劇の作曲家・和賀英良が作曲した(ことになっている)
壮大で悲しい交響曲です。

最初の数音を耳にしただけで
映画の後半、約40分ぐらいの親子の巡礼のシーンが鮮やかに蘇ります。

組曲「宿命」
組曲「宿命」





個人的には「砂の器」は、
やはり初代の「丹波哲郎・加藤剛」バージョンが最高ですね。

砂の器 デジタルリマスター2005 [Blu-ray]
砂の器 デジタルリマスター2005 [Blu-ray]


あと、テレビ版の「田中邦衛・佐藤浩市」バージョンも小ぶりだけど良かったな。


廃校になった校舎の一室で、
佐藤浩市(和賀英良)に亡き父の写真を見せながら
「父親だろっ! ヒデオっ!!」と熱く迫る
田中邦衛(今西刑事)の演技が胸を打つ。


あの一言は、
『北の国から』の「子供がまだ食っとるでしょうが!!」に匹敵します。

砂の器 [VHS]
砂の器



後は、いろいろ見たけど、「うーん」って感じ。


特に「渡辺謙・中居正広」バージョンや、
「小林薫(というよりは玉木宏)・佐々木蔵之介」バージョンは、
なんかヘンに設定がオリジナルと変えられちゃってるところがあって、
それが功を奏しているかといえば、
そうともいえないような気がするので、
悪くはないんだけど(見ている時は夢中になって見るんだけど)、
鑑賞後の余韻にあまりひたれないというか。


ま、現代風にアレンジするとこうなっちゃうのかなと、
仕方ない気もするのですが。


もはや平成の世にハンセン氏病(ライ病)といっても、
そして、それに伴う「差別」社会の暗黒面といっても、
視聴者の多くは実感わかなくなっているのでしょうね。



posted by 雲 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたがいてこそ


今年の夏はインド映画が熱いね!

南インド映画のラブ・コメディです。



監督・脚本:S・S・ラージャマウリ

音楽:M.M.キーラヴァーニ

キャスト:スニール、サローニ、ナジニードゥ


原題:Maryada Ramanna
製作年:2010年
製作国:インド
配給:太秦(提供 マクザム=アジア映画社=アジアヴォックス)
上映時間:125分


2014年7月26日(土)公開


posted by 雲 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニー・スティット


スティット嫌いもこれならOK!(・∀・)b

ピアノがバリー・ハリスだし♪


ソニー・スティット
ソニー・スティット

▼収録曲
1. プロパパグーン
2. ジス・イズ・オールウェイズ
3. ジャック・スプラット
4. ジャスト・ユー、ジャスト・ミー
5. クール・ブルース
6. ミスター・サン
7. ダンシング・オン・ザ・シーリング
8. エヴリワン・ダズ

posted by 雲 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャコ・パストリアス ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ


ジャコのニューヨーク・シリーズでは、
やっぱりvol.1が一番好きです。(・∀・)b


《ダニア》が入っているだけでも買い!


Live in New York City Volume One: Punk Jazz
Live in New York City Volume One: Punk Jazz

▼収録曲
1. Donna Lee
2. Dania
3. Teen Town
4. The Chicken
5. Invitation
6. N.Y.C. Groove #1
7. Punk Jazz
8. Liberty City




posted by 雲 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする