ホテル予約ならHotels.com

2014年04月26日

銀行狐


池井戸潤の銀行短編集。

面白い!

(・∀・)b


銀行狐 (講談社文庫)
銀行狐 (講談社文庫)





posted by 雲 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀行仕置人


わかりやすさと勧善懲悪的ストーリーは、
読んでて楽しい。


金融モノ小説、あるいは池井戸潤の最初の1冊にオススメ(・∀・)b


銀行仕置人 (双葉文庫)
銀行仕置人 (双葉文庫)


posted by 雲 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融探偵


銀行員の再就職って(というか再就職活動って)
大変なんだなぁと思いました。


これもまた池井戸潤の傑作(・∀・)b


金融探偵 (徳間文庫)
金融探偵 (徳間文庫)



posted by 雲 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

果つる底なき


池井戸潤の金融モノ(銀行モノ)は、
バブル入行組シリーズとは違ったリアリティと緻密さがあるんだよね。


で、面白い(・∀・)b


果つる底なき (講談社文庫)
果つる底なき (講談社文庫)



posted by 雲 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャイロックの子供たち


池井戸潤の『シャイロックの子供たち』。


銀行員必読?!


あるいは半沢直樹で銀行員という職業に興味を持った人にも
よりリアルで緻密な銀行モノということでオススメ(・∀・)b


シャイロックの子供たち (文春文庫)
シャイロックの子供たち (文春文庫)






posted by 雲 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疾走


重松清の『疾走』。


一気に読めてしまうのです。


で、けっこう後に引く( ゚ ρ ゚ )


疾走(上) (角川文庫)
疾走(上) (角川文庫)


疾走(下) (角川文庫)
疾走(下) (角川文庫)


ラベル:重松清 疾走
posted by 雲 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。