ホテル予約ならHotels.com

2012年04月05日

お花見は歩きながら

お花見の予定ある? ブログネタ:お花見の予定ある? 参加中


毎年、地べたに座って、の花見はしていません。
なぜなら、やっぱりまだ寒いし、
お酒のむからトイレ近くなるし、
たいてい花見ができるような公園などにあるトイレは汚いから。

あまりいいことないんですわ。

であれば、ふらりと歩きながら桜を観賞したほうがいい。

桜の名所には売店もあるのだから、
酒がのみたくなったら、そこで買って飲めばいいし、
お腹がすいたら、露天で買って食べながら桜を見ればいいと思っています。

そのほうが気分が良いし、
重たい荷物を持ったり、良い場所を確保したりと、「今日は花見だっっ!」と一大イベントのごとく重たい気持ちで構えることもない。

桜は好きだし、
花見も好き。

だけど、宴会のようなスタイルではなくて、
ぷらぷら歩きながらの気楽な花見が好きです。





posted by 雲 at 08:08| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダークな夢が多いです。

ハッピーな夢とダークな夢、どっちを見ることが多い? ブログネタ:ハッピーな夢とダークな夢、どっちを見ることが多い? 参加中


圧倒的にダークな夢のほうが多いですね。

そのぶん、現実世界ではハッピーなので、
現実では光輝くよう、
影ではダークな暗闇を担ってくれている夢の世界に感謝です。





posted by 雲 at 02:18| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デブ痩せ分岐点

腹○分目で食事やめる? ブログネタ:腹○分目で食事やめる? 参加中


だいたい、
腹十一分目か
十二分目が
食事にストップをかける臨界点です。

私にとって、十一分目あたりが、
デブ痩せ分岐点なのだと勝手に思ってます。


posted by 雲 at 02:15| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コブサラダが好きなんですね

一人で外食できる? ブログネタ:一人で外食できる? 参加中


もちろん出来ますよ。

というか、外食のほうが圧倒的に多いです。

外食大好き。
食べ歩き大好き。

ときおり、深夜にサラダが食べたくなったときなど、近所の「笑笑」や「和民」などの居酒屋にいって、ビールの大ジョッキとナスの浅漬けとともに、でっかく盛ってもらったサラダをバクバク一人で食べることもあります。

深夜、静かになった時間帯の一人居酒屋もなかなかオツなものですよ。
それでも一応、うるさい客がいたときのための防御対策として、iPodを持っていき、ジャズをかけながら、バリバリとサラダを食べてます。

むかし笑笑にはコブサラダがあって、私、結構好きだったんだけど、最近メニューから消えたような気がするのは気のせい?

なので、サラダはサラダでも、コブサラダをどうしても食べたいときは、居酒屋にはいかずに自宅で適当に野菜をちぎって、コブサラダのドレッシングをかけて食べることもあります。



ドレッシングといえば、ピエトロがピカイチなのですが、ときにはコブサラダのドレッシングもグーなのです。




posted by 雲 at 02:13| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルビーのコンソメパンチが大好きだ!買い置きストックも万全だもんね

小腹が空いたとき、食べるものは? ブログネタ:小腹が空いたとき、食べるものは? 参加中


好きなブランドは?
と問われれば、
すかさず

カルビー!

とこたえるほど、
私はカルビーのポテトチップスが大好きなのです(笑)。

なかでもコンソメパンチが好きで、
Wも好きですが、やっぱり元祖コンソメパンチのほうが好きですね。

なので、小腹が減ったとき?
決まってるじゃないですか、
カルビーのポテトチップス、コンソメパンチっすよ、やっぱ。

買い置きしてあるぐらいですから。
今でも、机の下に何袋かストックされてますよん。




All About 「食事ダイエット」 太らないチョコレートの食べ方
All About 「食事ダイエット」 アイスを食べても太らない方法



posted by 雲 at 02:06| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次のAKBのセンターは?渡辺麻友、ではないだろうな。

次のAKBのセンターは? ブログネタ:次のAKBのセンターは? 参加中


個人的にはまゆゆを応援したいのですが、
彼女の場合、
センターじゃないポジションだからこそ
まゆゆであり、
映えるような気もするので、
あえて、センターじゃない位置で
輝いて欲しいと思ってますです。

バンドでいえば、ステージの中央の派手なヴォーカルよりも、脇で手堅く存在感を放つベーシストが好き!みたいな、そんな心境かもしれません。





posted by 雲 at 02:02| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

部屋キレイ?

部屋キレイ? ブログネタ:部屋キレイ? 参加中


汚くはないけど、
綺麗でもないかな。

本とか紙とかCDとかプラモがいっぱい積まれているから。

地震がきたら大変だぁ〜。



posted by 雲 at 01:57| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲んだ後のお決まりってある?

飲んだ後のお決まりってある? ブログネタ:飲んだ後のお決まりってある? 参加中


あります。

ラーメン(笑)。


posted by 雲 at 01:56| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼻歌はサブコンシャス・リー

鼻歌は新曲?懐メロ?アニメ?演歌? ブログネタ:鼻歌は新曲?懐メロ?アニメ?演歌? 参加中


私が風呂につかっているときに
ふと出てくるメロディは、パーカーの《ドナ・リー》なことが多かったでした。

なぜかというと、ジャコ・パストリアスがベースで弾く《ドナ・リー》があまりにも強烈で、いつの日かジャコのように《ドナ・リー》を弾きたいという願望が強くあったからでしょう。

▼これにはいってます


しかし、最近は、長年の《ドナ・リー》熱も少し覚め、より複雑だけれども魅力的でセクシーな(?)メロディが口をついて出てきます。

それは、リー・コニッツの《サブコンシャス・リー》。

私はリー・コニッツというアルトサックス奏者の『サブコンシャス・リー』というアルバムが大好きで、おそらくは好きなジャズアルバムの10本指の中にはいるでしょう。

特にタイトル曲の《サブコンシャス・リー》のメロディに魅せられて以来、本当、内臓が裏返るほど、この曲のメロディが好きなんですね。



一聴、複雑に聴こえるのですが、いや、実際かなり複雑なのですが、このメロディの下敷きは、《ホット・ハウス》というバップ曲のコード進行が下敷きになっているのですね。

《ホット・ハウス》も大好きなナンバーで、この曲のベースをよくライブで弾いていたこともあることも手伝い、曲のベーシックとなる雰囲気は身体の中に染み込んでいるのですね。

もっといえば、《ホット・ハウス》というナンバーも、《ホワット・イズ・ジス・シング・コールド・ラヴ》という《恋とは何でしょう?》というナンバーのコード進行を下敷きに作られている曲なので、この曲もよく演奏していた私にとっては、曲の骨格のようなものは身体の中に刷りこまれまくっているのです。

だから、その上にのっかるメロディは複雑でありながらも、ふんふんふんと出てくるのかもしれません。もっとも音痴なので、傍から聴いても誰も《サブコンシャス・リー》とは思わないでしょうが。

さあ、みんなで潜在意識下のコニッツがスンゴイプレイをしたナンバーのメロディを口ずさんでみよう!(笑)




posted by 雲 at 01:55| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラゴンスピーチ的な音声入力機能がブログにあるといいのに

ブログに欲しい機能 ブログネタ:ブログに欲しい機能 参加中


無理は承知で。

文字をタイプするのが面倒なので、
音声をそのまま文字化してくれる機能!(笑)

つまるところ、ドラゴンスピーチ的な機能が欲しいわけでありますよ。
そしたら、今の3倍、記事をたくさん更新しまくれるんだけど。






posted by 雲 at 01:44| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュアッグのHGUCは、愛嬌あふれる姿ゆえ作らんといかんキットの一つになってしまったのである

私は、ジオン軍のMS(モビルスーツ)の中でも
いわゆる「ジオン水泳部」と呼ばれているMSが大好きで、
いわゆる水陸両用モビルスーツですね、
ズゴック、
ゴック、
アッガイ、
ゾック
なんかがすごく好きで、
さらには、
ズゴックEとか、
ハイゴックとか、
カプールとかも好きで、
さらには、ボツメカでありながらも、
バンダイからキット化された
アッグとか
ジュアッグとか、
ゾゴックとか、
アッグガイも大好きであります。

あれ、アッグは水陸両用だっけ?

ま、それはいいとして、
このような水陸両用系の
丸っこいフォルムのMSをなぜ愛するかといえば、
それはきっと、
異形のモノだからでしょう。

わかりやすくいえば人とはあきらかに違う化け物に近いフォルム、だからといって、西洋のモンスター的な型ではなく、どちらかといえば、水木しげるが描き出す日本のユーモラスで愛嬌がある妖怪を彷彿させる姿だからなのかもしれません。

最近、ユニコーンガンダムに登場したということで、ジュアッグがHGUCとして新たにキット化されましたが、
その昭和のロボットを連想されるような足といい、
大雑把な武装といい、
ゾウさんの鼻のような口(?)といい、
個人的ツボだらけのMSなのですよ。

私が日々欠かさずチェックする数少ないブログにかずちゃんさんの「ガンプラBLOG」があるのですが、早速、管理人のかずちゃんさんもジュアッグを製作されていますね。

こちらをご覧ください

特に、脚の製作記事は個人的に萌え(?)まくりです。

なんというか、地面にペタっと足を延ばして座る姿は、まるで半ズボンをはいた小学生みたい。
かわいいのであります。

是非こちらの記事の写真をご覧ください

こんな愛嬌にあふれたMSは滅多にありません。
私が大好きなアッガイにはるものがあります。

ジュアッグ。
これは作らんといかんキットのひとつですな。

HGUC 1/144 MSM-04G ジュアッグ(ユニコーンVer.) (機動戦士ガンダムUC)
HGUC 1/144 MSM-04G ジュアッグ(ユニコーンVer.) (機動戦士ガンダムUC)
posted by 雲 at 01:36| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする