ホテル予約ならHotels.com

2012年01月15日

RX-0 フルアーマーユニコーンガンダムVer.Ka が気になりまくりです

私は、自分のブログを書く以外は、あまり人様のブログを巡回していません。
ましてや定期購読しているブログといえば、本当に2つか3つでして。

その、少ない2つか3つのうちのひとつのブログが、カズちゃんさんが管理人をつとめる「ガンプラBLOG」なのですね。(→こちら


なにせ、ほぼ毎日、ガンダムのプラモデルの製作状況をアップしているのがスゴい!

脚部→腰部→胸部→頭部→腕→バックパック→武装

と、作る順番も決まっているので
(マスターグレードの場合は、フレームを上記順番で組み立ててから外装を取り付けるという手順)
アクセスする前から、
「今日は、腕がつく日だな。全身のプロポーションのバランスはどうなっているんだろ?」
なんて思いをめぐらせることもできます。

この黄金のワンパターン構造があるからこそ、
多くのファンがついているのでしょうし、
見ていて安心、
日々のチェックが楽しみ、
なおかつ、欲しいMSを買おうか買うまいかの検討をすることができるのです。

で、いま、このブログの管理人のカズちゃんさんは何を作っているのかというと、年末から、ユニコーンガンダムのフルアーマーバージョンなのです。

まだまだ製作は続くと思われますが、
現段階でもかなりの重武装です。

なにせ、
ビームマグナム×2丁
大型バズーカ×2丁
シールド×3枚
腕に取り付けるビームガトリングガン×6門

という、
トンでもない量の武装なのです。

これらをすべて操るには、どこをどう操縦すればいいのか、皆目検討がつきませんが、さらに後部には大型ブースターのようなものや、ビームジャベリンなどが付属するので、もう『0083』のデンドロビウムを上回るインパクトかもしれません。

以前、発売日に秋葉原のプラモ屋で実際に箱を手にとってみましたが、予想以上にズッシリと重たかったことが強烈に記憶に焼きついています。

さらに、カズちゃんさんのブログによると、
「ガトリングガンだけで、ランナー6枚、パーツが100個以上あるのは...圧倒的じゃないかっ!」
とのことで、これだけでも、このキットの怒涛のパーツ量をうかがい知ることができますね。

息子が欲しいけど、作るの大変そうだけど、でも欲しいけど、やっぱりどうしようかな的な態度なので、中学受験が終わったらプレゼントしてあげようかな。







posted by 雲 at 17:35| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。