ホテル予約ならHotels.com

2011年12月24日

ユニコーンガンダムのフルアーマーはカッコ良すぎなのだ

小学6年生になった息子には
もうサンタさんでもないだろ、ってことで
クリスマスプレゼント何欲しい?
とダイレクトに今年は聞いてみました。


で、やっぱり、
ガンプラ(笑)


なので、秋葉原に行ってきましたよ、今日は。


私も息子も昔からアキバが庭のようなもんです。


私が社会人になった頃は、
アキバといえば、
家電の街からコンピュータの街に雰囲気が一転しはじめた頃。


そしてもうしばらくして
「電車男」が流行り始めた頃あたりからは
オタクの街みたいなイメージになり、
で、いまでは、ジャパニーズカルチャーが集積した街というようなイメージになるとともに、息子の世代からしてみればAKB劇場がある街というイメージで認知されている模様。


なので、息子は秋葉原の病院で生まれたのですが、
クラスメートに
「俺はアキバ生まれだぜ」
というと、スゲ〜っ!いいな、と言われているらしいのですが、今の子供たちにとっては、アキバはそのようなイメージの街なのでしょうね。


で、秋葉原のプラモ屋を数件めぐり、
で、私がヨドバシカードを持っているということもあり、
結局はヨドバシへと行きつく先が落ち着くわけですが、
その店でも、店にはいって最初に目を奪われるのは、
なんといっても、おとといの22日に発売された
ユニコーンガンダムのフルアーマータイプ。






定価8000円ぐらいものが、
3割引で発売されており、
結構これを手にレジに持っていく人が多かったですね。


面白いのは女性、しかも、きっと中学生ぐらいのお母さんなんだろなとおぼしき方々がこのキットを手に携帯で電話をしている光景が散見されたこと。


きっと、息子さんに頼まれてこのプラモを買いに来ていたのでしょうね。


私もガンダムUCを手にしてみたのですが、
箱を最初に持った感想は、


うっ重い!


でした。


パーツがたっぷり詰まっているんでしょうね。







しかし、コテコテのフル武装をしていつつも、
サイコフレームの赤ピンクが、
エメラルドグリーンになっている
ユニコーンガンダムのデストロイモードのなんとクールなことよ。


美しく気品すら漂うその佇まいからも恐るべき破壊力を秘めているのだろうと思わせるそのルックス。

いやはや、今度買おっ!とと思った次第です。

なぜ、今回購入を見送ったのかというと、
息子はすでに、ユニコーンガンダムの
ハイグレードのユニコーンモードと、






ハイグレードのユニコーンモードと、





マスターグレードのケージ付きバージョン




のキットをそれぞれ作ってしまっているからです。

さすがに、同一機種を3タイプ作ってしまっていると
いくらフルアーマーがカッコいいとはいえ、
またもや同じ本体を作らなあかんということで、
今回は違うガンダムを買おうということになり、
結局、なにがなんだか
ガンダムエクシア・イグニッションモードを買ってあげました。





これ、上に添付した画像だと分かりにくいとは思うのですが、パッケージアートの後ろのほうにある後方の破壊されたバージョンの顔面がターミネーターみたいでカッコいいのであります。


私は、自分用にハイグレードのマラサイを買いましたですよ。




最近3日連続夢の中にマラサイが登場したのです。

高校時代にマラサイのプラモを作っていた時の夢や、
マラサイに乗っているときの夢とか、
マラサイが大気圏突入しているZガンダムの映画の一シーンとか
なぜか、ここのところマラサイ熱なのです。

なんでだろう。

ちなみにマラサイのデザイナーは小林誠氏。

氏の代表的なデザインには、私が大好きな「The-O(ジ・オ)」や




ZZガンダムや





ガザC






などがあるのですが、

武骨さの中に確かなるバランス感覚を有する王道ともいえる大河原邦男氏のデザインや、
スタイリッシュで、とりあえず脚が長ものが多いよね、な永野護氏やカトキハジメ氏や、
胸のラインがみんな似ているよね(パトレイバー、サザビー、ケンプファーなど)な出渕裕氏とは異なる、
なんというか、少し野暮ったいというか、モッサリしているというか、東欧的な垢抜けきれないデザインが魅力なのです。


私は特に氏のデザインの中では「ジ・オ」が大好きで、
もうハイグレードのキットは3つ作っちゃったです(笑)。





そして、押入れの中には、まだもう1つ作っていないキットがストックされているというほどジ・オが大好き。


このジ・オをデザインした小林氏自身も、お気に入りのデザインらしく、Zガンダムのみならずご自身の作品にもジ・オを登場させているし、息子さんのお名前にも時央(じお)と命名されているそうなので、そうとうなジオ熱ですね。

ジオ万歳!(笑)



posted by 雲 at 22:36| Comment(0) | プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。