ホテル予約ならHotels.com

2011年12月17日

銀座のアップルストアで公開収録してきました。


本日、銀座のアップルストアのアップスシアターにて
ラジオの後悔収録をしてきました。


あ、ラジオ番組のほうじゃなくて、
「快楽ジャズ通信」ポッドキャスト編のほうになるのかな?


ゲストは音楽評論家・DJの島田奈央子さんです。


島田さんといえば、「女子ジャズ」ブームの火付け役の方です。


【送料無料】Something jazzy

【送料無料】Something jazzy
価格:1,890円(税込、送料別)





オムニバス/Something Jazzy

オムニバス/Something Jazzy
価格:1,678円(税込、送料別)





テーマは「女子ジャズ・男子ジャズ」だったのですが、
いやはや、島田さんは
いつお会いしても、ほんと素敵な方です。


また機会があったら対談したいな。



posted by 雲 at 20:56| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エマルジョン・インクのボールペン ゼブラのスラリ


近所の文房具屋の店頭で

「世界で一番なめらかなエマルジョン・インクのボールペン」

のプロモーションをやっていたので、何本か買ってみました。


水と油を混合したインクは
ボールペンでは世界初とのこと。


さすがにスラスラした書き味は気持ちが良いですね。


だから「スラリ」というネーミングなんだ(笑)。


それに、値段は普通のボールペンとかわらずに安いし。


今まではゲルインクのボールペンばかり使っていたんですけど、
しばらくはこちらのほうも使ってみよっと。






posted by 雲 at 20:49| Comment(0) | 文具 工具 グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパゲティミートソースとバーボン、あるいはバローロでもいいんだけど、家には置いてない


私はだいたい高校生の頃から、
お腹が減ると、
スーパーやコンビニで
パスタ300gと
ミートソースのレトルトを買ってきて、


パスタをゆでて
 ↓
ルーとかけて
 ↓
 喰う!


ということを
繰り返していますが、


いまだに、この習慣が抜けていないです。


簡単で時間がかからず、
面倒くさくないうえに、
手がかからないわりにはおいしいし、
お腹いっぱいになるからね。


高校時代は、300g入りのパスタが
標準だったのですが、
年の経過とともに、
500gや1kg以上のパスタが
そこらじゅうのスーパーで当り前のように買えるようになったので、
今では、400gや500gに増えてきているような感じがします。


太るわけだよ。









は、名コンビ!



今日の夜食も
ドカン!と茹でて食べました。


最近は、
ガバ喰いしたあとに、
度数の強いお酒を
ガバッと飲むと
カーッ!となっていい感じなんですね。


イタ飯のグラッパのかわりみたいなものですが、
グラッパはうちには置いてないので、
もっぱら、そういうときはバーボンが多いですね。


バーボンは安くて武骨なオールドクロウが好きですね。





ほんとはバローロ常備したいんだけど、ちょい高いからね。
あと、家にあると、
すぐに空けてしまいそうで、怖いというのもあります(笑)。





posted by 雲 at 20:39| 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いかの七輪焼き


いかの七輪焼きを食べました。

うまうま、です。

ビールが進みまくりました。

ビールの次は黒糖焼酎で、

最後は日本酒数杯。

嗚呼、なんて幸せな満腹と酔い心地。





とうもろこしの七輪焼きも旨いんですよね。

posted by 雲 at 20:25| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「忙しい」という人ほど、実はヒマである理由


はい、そのとおりでございます、
ごめんなさい、
直します、
改善します、
参考にさせていただきます


と思わず呟いてしまいそうな本です。


耳に痛いけど、
でも、向上心ある人は、
これ読んで
実行あるのみ!


です。





時間デザイナーの
あらかわ菜美(アラカワナミ)さんの著書。

posted by 雲 at 20:18| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一青窈主演の珈琲時光には肉じゃがのみならず焼き魚も似合うと思う。

私は侯孝賢監督、
一青窈主演の『珈琲時光』という映画が大好きなのですが、


この映画には、
肉じゃがや
味噌汁にご飯が
とても似合うと思います。


あと、天ぷら定食もね。
神保町の「いも屋」も出てくるから。


で、昨日はこの映画のDVDを見ながら
鯖の塩焼きをのんびりと食べていました。


うん、焼き魚も似合うな(笑)。


【送料無料】珈琲時光

【送料無料】珈琲時光(DVD)
価格:4,442円(税込、送料別)





posted by 雲 at 20:13| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一青窈の「さよならありがと」

ここのところ朝風呂に凝っています。


というより、
夜、いつも帰ってくるのが遅い、
というか、
だいたい酒飲んで帰ってくるので、
もう風呂はいるのが面倒なんですね。


だから、布団に直行。


で、朝目覚めて、お風呂。


これが最近の生活のパターンですね。


今日の風呂上がりソングは一青窈の『&』より、
《さよならありがと》。


ええ歌です。





♪また少しだけ君のこと
 無断で好きになったけど〜

あたりの言語感覚が、
一青窈ならではのものなんですが、


この部分にかぎらず、
この曲の歌詞は深読みしようとすれば、
いろいろとかなり
深読みや邪推が出来てしまったりするのですが、
それはさておき(機会があったら書きます)、
単純に聴くだけでも、
ええなぁ、な曲なのでありまして、


午前中なのに、
もう風呂上がりのビールが飲みたくなり、
今日もええ一日やったな〜
と、
布団にもぐりこみたくなるという効果があるので、
この歌は
あまり午前中に聞かないほうが良いかもしれません(笑)。



【送料無料選択可!】& [通常盤] / 一青窈

【送料無料選択可!】& [通常盤] / 一青窈
価格:2,363円(税込、送料別)





posted by 雲 at 16:04| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほうそう委員会・音源15〜カーディガンズのカーニバル

放送委員の息子が給食の時間にかけた音源紹介は続きます。

今回は、カーディガンズ。

私は以前、
女性ヴォーカルバンドを組んでいたのですが、
そのときにカーディガンズのカバーも演奏レパートリーの1つだったのですね。

その曲は『ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン』に収録されている《ラヴ・フール》でした。




元はといえばブラックサバスの曲なんですが、
まったく原曲の雰囲気とは異なるテイストで
カーディガンズは上手にカバーしていました。

最近では(もうずいぶん前か)、
ジャズのピアノトリオのバッド・プラスもカバーしていた曲ですね。

【19%OFF】[CD] ザ・バッド・プラス/ギヴ

【19%OFF】[CD] ザ・バッド・プラス/ギヴ
価格:2,041円(税込、送料別)





で、息子が給食中に放送したのは、
《ラヴ・フール》ではなく、
《カーニヴァル》です。

おそらく多くの方にとっては、
カーディガンズの代名詞と感じているのではないでしょうか。




それぐらい有名なナンバーで、
息子も「いい曲だぜ!」を連発しています。
(上のライブ映像だと、ヴォーカルのニーナは音程外しまくっているのが残念ですが……)


私も、このナンバーにかぎらず、
カーディガンズの『ライフ!』というアルバムは、
全曲素晴らしい、とても素敵なアルバムだと思っています。




ジャケット、ライナーノーツなどのグラフィックセンスもよろし。

今の小学生にとっては初耳なナンバーの子も多かったようですが、この曲のリアクションは上々だった模様です。

posted by 雲 at 15:28| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イルミネーション クリスマス一週間前

先日、六本木ヒルズにてジャズの講演を行ったのですが、
その後、打ち上げでイタ飯屋に行きました。


六本木ヒルズ裏のけやき坂通りは、
一本一本の木がイルミネーションで飾られ、
めちゃめちゃ綺麗でした。


そういえば、もうクリスマスイブまで
あと1週間ですね。


うちの近所も
家屋ををイルミネーションで飾る家が増えてきました。


寒さが日々厳しくなってきていますが、
寒くて乾燥した空気に
イルミネーションは映えるし、綺麗です。


我が家はマンションなので、
さすがにうちのベランダだけイルミネーション!
というわけにはいきませんが、
それでも、やはりあの光には心惹かれるものがあります。



どれぐらいするのかを調べてみると、
結構安いんですね。

驚き。













posted by 雲 at 15:12| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

ほうそう委員会・音源14〜一青窈のハナミズキ

放送委員をやっている息子が
給食の時間にかけた音楽を紹介しつづけていますが、
今回は最近の結婚式の定番ソングというか、
誰が聴いてもとりあえずは
「いい曲だよね〜」
といわれる率が高いと思われるものを紹介します。


一青窈の《ハナミズキ》です。





これかけたら、おそらく皆聞き入ってしまうため、
しんみりとした
給食タイムになってしまうのではないかと思うのですが、
いい曲だから、ってことでかけた模様。


もちろん私もこの曲は好きです。


基本的に一青窈は好きですし、
彼女の曲はひととおり聴いているうえに、
それには飽き足らず、ピアノ譜まで持っているほどです。


▼弾きやすいアレンジなので、オススメよ!




個人的には、どうせかけるのなら
『真・三國無双2』のエンディング曲の
《生路》をかけて欲しかったのですが、




ちょっとマニアックというか、
知っている人が少なそうだからだからという理由で
息子から却下されてしまいました(涙)。


はじめて聞いても
エエ曲なんやけどな〜。


私はシングル『江戸ポルカ』に収録されている《生路》が大好きで、


▼これね
一青窈/江戸ポルカ/夢なかば(CD)

一青窈/江戸ポルカ/夢なかば/生路
価格:1,260円(税込、送料別)





雑誌編集者時代は、徹夜明けにマッサージ器に座りながら、この曲を聴くのがひとつの楽しみでした。

疲れが取れる、というより、やんわりエネルギーがチャージされて「まだまだやれるぜ!」と思えてくるんですね。

また、途中キーボードソロの箇所でボサ・アレンジに一転するライブバージョンも大好きです。

『姿見一青也(すがたみひととなり)』というDVDに収録されている映像なのですが、

【25%OFF】[DVD] 一青窈/姿見一青也

【25%OFF】[DVD] 一青窈/姿見一青也
価格:3,599円(税込、送料別)



キーボードソロのときに見せる満面の笑みが、
とても可愛く、
とても素敵なのです。

▼これね





posted by 雲 at 16:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする