ホテル予約ならHotels.com

2011年10月01日

PlayStation Vita Wi-Fiモデルを買うのは、もう少し先の話

小学校6年生の息子は、来年の受験に向けて塾に通いながら頑張っている。

ようです(笑)。



私はべつに公立の中学でも良いとは思っているのですが、どうもバスケの先輩が進学した中学に進みたいらしいのですね。


なので、そこに入るためには塾通いが必要だと悟った息子は、小学校5年生の3学期に「塾に通いたい」と我々にお願いし、現在、週2ペースで近所の学習塾に通っています。


欲しいものを手に入れるために努力することはとても大事です。


ただ、欲しい者を手に入れるためには、なにかを我慢する必要もあります。


だから、ゲームを封印しなさいということで、塾に通いはじめたあたりから、すべてのゲームを封印しています。


というか、息子自らも、強い言葉で強制的に「封印せよ」と言われたかったところもあるようで、私のひとことで、すべてのゲームソフトを友達にあげるなり売るなりして処分をし、もってるゲーム機のすべてを捨てました。


だけども、完全に勉強モードになり過ぎると、かえって息切れをしてしまう可能性もあるので、指を動かしたり、段取りを考えたり、創意工夫をする余地のあるプラモなら、たまに作ってもオッケーよん! と隙間は作ってあります。


だから、たまにテストの100点がたまると、アキバに行って、ガンプラを買ってあげたりもしていますが、それはどちらかというと、私もプラモを作りたいというホンネもあったりします(笑)。


ゲームは、私自身も中毒的にハマった経験が大人になってもあるぐらいなので、ほんと、終わりというか一端中断するというか、見切りをつけるのがとても難しいんですね。


私の子どもなだけに、気づけば朝なんてことにもなりかねないし、昨年は実際それに近いこともあったんですよ。


だから、健康上の理由でもやっぱり、ゲームはやるなとはいわんけど、目標があるのであれば、なくても生活はしていけるし、じゅうぶんに日常の中でも愉しみは見つけられるはず、ということで、受験が終わるまではナシ!ということにしているのであります。


もっとも、息子自身もゲームができない、ゲームはしない、といったん決めた以上は、諦めがスパッとついたらしく、ゲームがないなりに楽しく友達と遊んだり、放送委員会の企画を考えたりしているようです。


とくに、ゲームやりたい!というストレスはないようです。


ま、受かったら、バージョンアップしたプレステでも買ってあげようと思っている今日このごろなのです。
ホンネをいえば、自分もやりたいということもあったりするのですが(笑)。






ラベル:playstation
posted by 雲 at 14:22| Comment(0) | おもちゃ ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。