ホテル予約ならHotels.com

2011年10月03日

100点テストを現金化

先日、野暮用があったので
私の実家に行きました。


たまには私の両親に
孫の顔でも見せてやろうと
息子も連れていきました。


せっかくだから、
ジーちゃん、バーちゃんを
喜ばせるネタがあったほうが良いので、
「何かない?」
と息子に尋ねると、
「あるよ」


それはなにかというと、
テストだというのです。


私は、息子の成績には無頓着なので、
5年生の終わり頃から
学校の成績が伸びていることぐらいは知っているのですが、
いちいち点数までは把握していません。


80点とか、ひょっとしたら90点もたくさんとってるのかな?
それぐらいの認識でした。


そしたらなんと、
塾や学校でとった100点のテストが30〜40枚ぐらいあるというのです。


それも、夏休み前後から、今までの2ヶ月ちょっとの間のテストは、ほぼ100点しかとっていないとのこと。


もちろん小テストも含めての数ですが、
思っていたよりもたくさんの100点をとっていたことに驚きましたが、さらなる驚きが。


じつは、息子、私が知らない間に、
夏休み前も実家に行き、
100点のテストを「お爺ちゃん」に見せて、小遣いをせしめていたのだそうです。


うちの親父(爺さん)は、
いわゆる典型的な孫ばかで、
孫が100点の点数を持ってくると
目を細めて喜び、
小遣いを与えていたんですね。


100点のテスト1枚につき
100円と換金したのだそうです。


前回、私の実家に行ったときは
息子は40枚ぐらい100点のテストを持っていったようなので、
なんと4,000円も、ジーさんからせしめていた(苦笑)。


それに味をしめたのか、
ますます勉強を頑張るようになり、
今回も30枚前後の満点を持っていく、
というんですね。


ほんまかいな?
と思い、息子が保存してあるテストのファイルを見ると、
たしかに100点とか、10点満点中10点のテストの答案用紙ばかり。


中には、先生の赤字が何箇所か入っている作文も何枚かあり、
この作文には点数はないのですが、
大きく五重丸がつけられている。


だから、これを見せれば、
お爺ちゃん喜ぶと思う、
というんですね。


そんなこんなで、実家へ。


早速息子は、爺さんに100点の答案を見せます。


私の親父は、一枚一枚丁寧に、
「おお、こんな難しい漢字、よく書けたね〜」
とか
「数字が前よりも綺麗になった。丁寧に書くと計算ミスも少なくなるぞ〜」
なんていいながら
テストを見ています。


作文も最初から最後まで読み、
「父上(私のこと)に似て作文が得意だな〜」
なんて褒めてます。


私も、小中学時代は作文は比較的得意で、
よくコンクールなどで入賞していたので、
そのことを思い出しているのでしょう。


で、今回息子がせしめた金額は、
なんと6千5〜6百円。


私や、私の母親(お婆ちゃん)からは、
そんなにあげなくてもいいのに、
と言われながらも、
親父は
「いいんだ、俺は嬉しいんだ」
と譲りません。


今回は、100点1枚につき、
算数と作文は200円、
それ以外の教科や小テストは100円で計算したそうで、
6千円以上の報酬になったのだそうです。


当然、息子は大喜び。


私が、
「おいおい、俺が高校時代の時に、楽器を買うために、朝から夕方まで日雇いの仕事をしてもらっていた日給よりも高いんだぞ。あのときは、日給5500円だったけど、昼飯の弁当代が引かれて5000円だったんだぞ。」
と話したら、
「肉体労働よりも頭脳労働のほうが高いんだよ」
なんて生意気なことをいいます(笑)。


ま、たしかにそのとおりではあるんですが。
高校の頃の私は、時々まとまったお金が欲しいときは、湾岸の倉庫街で、長距離トラックのコンテナから、ひたすら冷凍蟹がはいったダンボールを何百個、何千個と積み下ろしていて、日給が5000円弱(交通費は自腹だった)。しかも、筋肉痛に耐えながら汗水たらして稼いだ額よりも高い額を、息子は100点の紙っぺらで換金しているのだから、「おいおい、それでいいのかよ」と心の底では思ってしまいます。


でも、それが息子の勉強のモチベーションになり、学習習慣が定着しているのだから、考えようによっては、高いお金を払って家庭教師をつけるよりは安上がりかな、とも思います。


帰り際に、「そのお金、無駄遣いするなよ」といい、
「何買う?」
と訊いたら、
「ニーチェの本を買う」
というのですね。
なぜかというと友達が読んでいるから、とか。


原書の翻訳ではなく、
ニーチェの言葉のエッセンスをまとめた本が出ているんですってね。


なんだ、そういう本なら俺も読みたいから買ってあげるよ、と私。


私も息子に甘いのかな?


超訳 ニーチェの言葉/著者不明

¥1,785
Amazon.co.jp



posted by 雲 at 14:44| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

勉強好き子供に変貌

最近の息子は、
なんだか勉強に熱中しています。


私や女房は、
「勉強しなさい」
なんてこと、一言も言ったことがないのですが。


いや、むしろ、


勉強し過ぎると、勉強“だけ”出来るバカになるぞ〜

とか、

お利口さんに見えるアホはカッコ悪いぞ〜


と小さい頃から言い続けているぐらいです。



宿題で夜寝るのが遅くなると、


宿題なんてやめちまえ〜!
と、勉強を中断させたこともありますし、


宿題やらないで先生に怒られるのを怖がっているようでは、人間小せぇ、小せぇ


とからかっていたほどなんですが、


きっと、その反動もあるのかもしれませんね。


だいたい、この年頃の子どもって、
親が言うことの反対のことをやりますから(笑)。


それと、息子なりに動機があったようで、
仲の良かったバスケ部の先輩が、
けっこうイイ中学に進学したみたいなんですね。


だから、その先輩が行った中学に自分も行き、
そこでバスケを頑張りたいと考えているみたいなんですよ。


そのためには、今の学力では難しい、
かなり勉強しないと、その学校に入れる成績になれない
ということが分かってからは、


「塾に行きたい」


と息子のほうから言い出したので、
5年生の3学期あたりから
進学塾に通わせています。


最初はビリから数えたほうが早い成績だったのですが、
トレーニングを重ねていくうちに
次第に成績が上昇し、
今では、その塾グループの中で、
息子が通う教室の中では、
ベスト5に入るぐらいのランクになっているようです。


自信がついてきたのか、
勉強が面白くなりはじめてきたのか、
成績が上がってくると、
目つきや物腰も変わってくるものですね。


今までは、どことなくフラフラしていて
落ち着きのなかった息子が、
今では、ドッシリと落ち着いた雰囲気を醸し出すようになってきているのです。


性格が変わったわけではないのですが、
これって、本当に俺の息子?
って思うぐらい、
なんだか、静かで柔らかな物腰と、落ち着いた表情&仕草になり、
人間、自信を持つと変わるもんだなぁ、と感じる今日この頃なのです。


ラベル:勉強好き
posted by 雲 at 09:44| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

PlayStation Vita Wi-Fiモデルを買うのは、もう少し先の話

小学校6年生の息子は、来年の受験に向けて塾に通いながら頑張っている。

ようです(笑)。



私はべつに公立の中学でも良いとは思っているのですが、どうもバスケの先輩が進学した中学に進みたいらしいのですね。


なので、そこに入るためには塾通いが必要だと悟った息子は、小学校5年生の3学期に「塾に通いたい」と我々にお願いし、現在、週2ペースで近所の学習塾に通っています。


欲しいものを手に入れるために努力することはとても大事です。


ただ、欲しい者を手に入れるためには、なにかを我慢する必要もあります。


だから、ゲームを封印しなさいということで、塾に通いはじめたあたりから、すべてのゲームを封印しています。


というか、息子自らも、強い言葉で強制的に「封印せよ」と言われたかったところもあるようで、私のひとことで、すべてのゲームソフトを友達にあげるなり売るなりして処分をし、もってるゲーム機のすべてを捨てました。


だけども、完全に勉強モードになり過ぎると、かえって息切れをしてしまう可能性もあるので、指を動かしたり、段取りを考えたり、創意工夫をする余地のあるプラモなら、たまに作ってもオッケーよん! と隙間は作ってあります。


だから、たまにテストの100点がたまると、アキバに行って、ガンプラを買ってあげたりもしていますが、それはどちらかというと、私もプラモを作りたいというホンネもあったりします(笑)。


ゲームは、私自身も中毒的にハマった経験が大人になってもあるぐらいなので、ほんと、終わりというか一端中断するというか、見切りをつけるのがとても難しいんですね。


私の子どもなだけに、気づけば朝なんてことにもなりかねないし、昨年は実際それに近いこともあったんですよ。


だから、健康上の理由でもやっぱり、ゲームはやるなとはいわんけど、目標があるのであれば、なくても生活はしていけるし、じゅうぶんに日常の中でも愉しみは見つけられるはず、ということで、受験が終わるまではナシ!ということにしているのであります。


もっとも、息子自身もゲームができない、ゲームはしない、といったん決めた以上は、諦めがスパッとついたらしく、ゲームがないなりに楽しく友達と遊んだり、放送委員会の企画を考えたりしているようです。


とくに、ゲームやりたい!というストレスはないようです。


ま、受かったら、バージョンアップしたプレステでも買ってあげようと思っている今日このごろなのです。
ホンネをいえば、自分もやりたいということもあったりするのですが(笑)。




ラベル:playstation
posted by 雲 at 14:22| Comment(0) | おもちゃ ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。