ホテル予約ならHotels.com

2010年02月15日

チョコ勝負、負けたぜ!

毎年、バレンタインデイは、息子と私でチョコレートもらった数勝負をしているのですが、
今年も負けました(涙)。

というか、惨敗です。

私7コ、
息子28コ。

4倍も差をつけられてしまいました。

「おいおい、28コも誰からそんなにもらったんだよ?!
クラスに女の子、28人もいないだろ?」


「いや、4年よりも、5年とか6年とか、2年とか3年とかからだよ。
全部手作りチョコだぜ〜!」


く、くっそ〜、なんて羨ましい(笑)。

「まだ全部食べてないだろ? 残った手作りチョコみせてくれよ」

というと、

「昨日、居酒屋でみんなで食べちゃったからないよ」

一人では食べきれないので、
昨日、優勝したバスケの打ち上げの会場で、
もらったチョコを部員たちと分けて食べちゃったそうです(笑)。

「そんなことして、誰からもらったのか忘れてないだろうな?」

「大丈夫、ちゃんと覚えてるよ。でもホワイトデイが大変だな。お返し買うときに、お金ちょうだい」

「やだね(笑)」


posted by 雲 at 08:58| Comment(0) | 雑想 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優勝

先日、小学校のバスケットボールの地区大会があったそうで、息子のチーム優勝したようです。

息子の喜びようったら、すごかったですね。

先生と、チームの保護者たちと、子供たちで、試合後は、居酒屋でドンチャン騒ぎをしてきたみたい。

子供だから当然、ビールは飲まないわけだけど、
子供たちは、
サイダーとコーラをちゃんぽんして
一気飲みをしたりて騒いでいたみたいです(笑)。


4年生になってすぐにバレエをやめてバスケに転向して、
夏にはチームのレギュラーになれて、
秋にはいくつかの試合にも出れるようになって、
そして、年明けには優勝ですから、
息子にとってはラッキーなバスケ生活なんじゃないかと思います。

今回のように、
「仲間で楽しく騒げる成功体験」を10歳のときに経験できたということは、とてもラッキーなことなんじゃないかと思っています。

こんかいの悦びを下地に、今後の人生、もっともっと大きく楽しく実りのあるものにしていって欲しいなと思いました。