ホテル予約ならHotels.com

2009年12月12日

Going Underground のきらり

ひょこひょことした可愛いアレンジ、
誠実で真っ直ぐなヴォーカルはちょっと頼りなさげ、

…と思って聴いていると、

サビから終盤に近づくにつれて、
最初に感じた可愛いらしさが、
いつのまにか
スケールアップした大きな音空間を形成し、
少年がいつのまにか青年に成長して
言葉を中空にしたためていることに気がつく。

それが、《きらり》。

《トゥモロウズ・ソング》は、
役割分担を心得た2台のギターのカッティングと、バランスが絶妙な絡みを見せ、
ちょっとスタッカート気味な声の置き方は聴けば、
小沢健二を思い出す人もいるのではないだろうか?

純真無垢な青少年による、
純真無垢な青少年におくる、
純真無垢な青春ソングが、2曲。

きらり/トゥモロウズ ソング/GOING UNDER GROUND
¥1,050
Amazon.co.jp



posted by 雲 at 08:13| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Romance Latino vol.3

Romance Latino vol.3は、小野リサ三部作のラストアルバム。
1枚目が“洗練”、
2枚目が“ロマンティック”、
そして、本作“暖かさ”がテーマ。

今回のサウンドテイストは、キューバ・サウンド。
その名のとおり、暖かなサウンドと小野リサのいつもの安定感のあるヴォーカル。

彼女のアルバムに駄作は無いが、本作も例に漏れず。
安心して聴ける上に、何度でも聴き返したくなるような深い味わいがある。



posted by 雲 at 08:04| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。