ホテル予約ならHotels.com

2009年05月22日

ヴァニッシング ep./コンタクト

ヴァニッシング ep./コンタクト
¥627
Amazon.co.jp


 ジャケットの色と同様、青臭い青春ロックという先入観を拭えずに聴きはじめたら、実際にそのとおりではあったんだけど、なんだか、これは心の奥底に10代特有の甘酸っぱさがグサッときますね。

いいです、なかなかです。

 ギターの爆音の上に、ナイーヴでデリケートな、それでいて意味深な歌詞と歌声をのせるのがとても上手。
言葉が、きちんとこちらに届きます。

特有のハニカミさ加減が、デビュー間もない頃のスーパーカーを思い出しました。個人的には。


posted by 雲 at 19:43| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カサンドラとテラソン

収録曲は有名曲のオンパレード。

「ははぁ、またもや安易な企画盤ね」
と訝るのはご自由に。

聴けば分かる。安易な先入観が吹き飛ぶに違いない。
かなり重く、ダーク。
カサンドラ・ウィルソンの歌声がね。

沈んでゆくように重たく、気安いBGMには絶対になりえない世界。

カサンドラの重く粘るヴォーカルを崩すことなく、色づけするジャッキー・テラソンのピアノは、プロの仕事。
カサンドラの魅力を倍増させる脇役に徹し、分をわきまえたプレイをしている。
しかも、カサンドラのアクの強い世界に押しつぶされることなく、きちんと役割をまっとうしているところが気に入った。
これを聴くまでは、テラソンのこと、あんまり好きじゃなかったんだけれども、見直しましたです。


テネシー・ワルツ / Rendezvous/カサンドラ・ウィルソン&ジャッキー・テラソン
¥2,264
Amazon.co.jp

posted by 雲 at 19:27| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

以前、SORROWのライブに行ったことがあるんだけど、川村カオリが、

「今日は、何してってもいいんだよ!」
と、MCしていたことを思い出す。


SORROWのサウンドって、シャープで引き締まった、ストイックなトーンで貫かれているように感じるけど(実際そうなんだけど)、よく聴くと、川村カオリの“何してってもいいんだよ”じゃないけど、わりかし自由で創意工夫に富んだサウンド作りをしていると思う。


前作よりも、はるかにスケールアップをした2枚目。

エッジの立ったソリッドなサウンド。
けっこう、カッコいいと思います。


confusion/SORROW
¥1,660
Amazon.co.jp

posted by 雲 at 19:15| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これぞRC!

♪授業中あくびしてたら 口がでっかくなっちまった
♪居眠りばかりしてたら 目が小さくなっちまった
♪ぼくはタオル 汗をふかれる


なんだか、子供が書いた詩のようだが、清志郎の“あの声”で歌われると、あたり前のように言葉が動き出す。


これぞ、RCの世界。私にとってのRCのアルバムといえば、最初に出会ったアルバムということもあって、この『プリーズ』が一番思い出深い。


ジャケ写もかっこいいしね。


ひょこひょことキャッチーな音色で盛り上げているG2のキーボードも大活躍。この軽やかなポップさ加減が、このアルバムのサウンドを特徴づけているのかもしれない。


久々に聴くと懐かしさ倍増、かつ名曲《トランジスタ・ラジオ》、

ノリノリでごきげんな《DDはCCライダー》、

オーティス好きにはたまらないソウル・ナンバー《スイート・ソウル・ミュージック》、

さり気ない名曲《体操しようよ》などなど、RCのオイシイところ満載!


PLEASE/RCサクセション
¥1,743
Amazon.co.jp


クリックよろしくお願いします!

趣味?ジャズと子育てです。-ブログランキング桜
posted by 雲 at 19:05| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする