ホテル予約ならHotels.com

2009年03月14日

『やっぱり弾きたい!!ジャズ・ピアノ』発売!


ジャズ・ピアノ


今週発売される、『やっぱり弾きたい!ジャズピアノ』。


ジャズピアノに興味のある人、これからジャズピアノを始めてみようと思っている人には最適な本です。


この本(雑誌?)のジャズピアノの歴史、ピアニストのスタイルのところを執筆しておりますので、

是非、ごらんになってください。


書店ではなく楽器屋さんの店頭に並ぶそうです。


発売はヤマハから。

posted by 雲 at 09:45| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロンさんの新譜どお? ブログは情報発信だけのメディアとは限らないのだ(笑)。

イッツ・ザ・タイム/ロン・カーター
¥2,800
Amazon.co.jp

ロン・カーターの新譜。

これ、ちょっと前の『スイング・ジャーナル』60周年号の表紙を飾り、
それと連動して、誌面にはインタビューが掲載されたり、
レコ評でもずいぶんと評判が良かったと記憶しております。

私は、今のところ、
興味あるけど、聴いてない。「ロン新譜」にはずいぶんヤケドしてきたから(笑)。

『スイング・ジャーナル』絶賛のアルバム、実際のところどうなんでしょう?

これ聴いた方、率直な感想教えてもらえませんか?

情報発信としてのブログではなく、
最近は情報収集としてのブログになってきてるな(笑)。

posted by 雲 at 09:44| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょうど良い油加減のソウルフィーリング/『サウス・サイド・ソウル』 ジョン・ライト

サウス・サイド・ソウル/ジョン・ライト
¥1,000
Amazon.co.jp


ソウルフィーリングに溢れるピアニスト、ジョン・ライトのピアノには、バーボンが似合う。

音に聞き入ることもなく、かといって、BGMのように耳の右から左へ通り過ぎるでもなく、

ほどよい距離感で、リラックスしながら聴くのがもっとも快適かつ正しい聴きかただと思う。


彼のように根っこからソウルフィーリングがたっぷりの人は、

特に、過度な表現をせずとも、ピアノの音の隙間から、たっぷりとブラックなフィーリングがにじみ出てくるもの。


コテっとしすぎず、かといって、あっさりともしていない、ちょうど良い油加減。


この塩梅が出せるピアニストってそうはいない。


リズムセクションも、ウェンデル・マーシャル(b)、ウォルターマン・キャッツ(ds)と、さほどビッグネームな人たちではないが、必ずしも、大物が良いというわけでもない。


ジョン・ライトのフィーリングを汲み取り、ピアノと一体化できるリズムセクションのほうが良いわけで、そういった意味では、この2人のサポートは及第点。


安心して聴ける安定したリズムセクションだ。


ジョン・ライトのプレスティッジでの初リーダー作。

隠れた名作だ。


posted by 雲 at 09:00| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日が楽しくてしょうがない/オーネット・コールマン『フェイセス・アンド・プレイセス』

年末に会社を辞めて独立しましたが、

それからというものの、

毎日が楽しくてしょうがない(笑)。


1日24時間、全部、オレのもの。


この快感は、予想以上に大きいですね。


何をいてもいいし

何をしなくてもいい。


うーん、フリージャズ的です(笑)。


寝る前には、明日は、何やろうかなぁ、

朝起きたら、今日は、何やろうかなぁ。


もう、ワクワク、ドキドキの連続。


だから、張り切って、

予定を今週も来週も

いろいろと入れていたら、

まるっきり1日が自由の日ってなくなっちゃった(笑)。


中には1日4〜5本、アポやら行く場所を設定した日もある。


でも、ぜーんぜん、苦にならないというか、

自分が立てた予定なんだから、

楽しみで楽しみで仕方がない(笑)。


もちろん、編集部時代も、

取材やらアポやら、出社時間や、帰社時間は、かなり自由に個人裁量させてもらってました(というより、勝手にやってた)。


やることなくて、時間が数時間空けば、

「ちょっと映画でも観にいってこよっと」

とか、

「本屋に本を買いにいこ!」

とか、

「ジャズ喫茶に原稿書きに行こ!」

ってことはしょっちゅうやってました。


でも、やっぱり会議だったりとか、

何時までに何しなきゃいけないとか、

総務だったり、経理だったりに提出しなきゃいけない書類だったり、返信しなきゃいけないメールの案件があったりと、微妙に縛られている感はありました。


付き合う相手も選べないし、

ジョーシだって取り替えられない(笑)。


ま、そりゃアタリマエですよね。会社なんだから。


でも、フリーになったとたん、

そういったシガラミが一気にスパッ!と消えた。


急に肩が軽くなり、

目の前の景色の輝度が35%以上アップし、

足取りが軽くなり、

睡眠時間が短くなり、

肉体的な疲れも心地よい疲れと感じるようになり、

昼間の酒もうまくなり(笑)、

子供にじっくりと勉強を教えたり、遊んだりすることが出来、

くだらないアイデアがバンバン出てきたりと、


まるで、ヨロイを脱ぎ捨てた瞬間、身が軽くなったような感覚を味わっています。


そして、長年身に着けていたヨロイって、

こんなにも重たかったんだ!と驚いています。


もちろん、ただ単にウキウキしているだけではなく、

稼がなければならないので、

今は、抱えている仕事や今後の予定はあるにはありますが、

もっと仕事を増やさなければならない。


だから、ここのところ、毎日色々な人に会うことに重点を置いてます。


会いたくない人には会う必要ないってのがいい(笑)。


会いたい人だけに会える。

興味がある人だけに会える。

これから一緒に何かをやろうと思っている人だけ会えばいい。


アポを入れるのが楽しくて、楽しくて(笑)。


さらに、親しい友人が、そんなアホ状態な私を見かねたのか、居場所まで提供してくれた(笑)。


「好きなときに自由に使っていいよ」と、

自分の会社のオフィスの合鍵も作ってくれたので(感謝!)、

仕事したければそこに行けばいいし、

行きたくない日は、行かなければいい(笑)。


いやはや、このストレスフリー状態は、かなり心身ともにハッピーです。

ほんと、こんなに軽くなるとは思わなかった。

収入面を除けば、ね(笑)。


すごく無責任なことを言うけど、

勤め先での重圧やストレスやプレッシャーに悩み、

精神的重圧に耐えかねて心療内科に通う寸前状態の人がいたら、

ためしに会社を辞めてみたらどうでしょう?(笑)


辞めないにしても、長期で休暇をとってみるとか。


生活の安定、安定した収入も大事ですが、

やる気になれば、別なことでも取り返せる可能性あるじゃない?(無責任だなー)


でも、自分以外のもろもろに支配・抑圧されて、萎えた心、ボロボロになった心は取り戻せません。

やりたくないことをやって失った時間も取り戻せません。


両者を天秤にかけて、どちらが重要なのかは人それぞれでしょうが、少なくとも「会社を辞める」ということの効用は、「心が羽が生えたようにラクになる」ということは大いにあるでしょうね。


これって、やめてみて初めて分かった。


もちろん、私は仕事がツラくてとか、人間関係がヤでとか、そういった理由で辞めたわけではありません。

それは、以前、このブログにも書いたとおりです。


しかし、そんな私ですら、会社を辞めたら、こんなに心が解放されるのかと驚いているので、組織の中の重苦しい空気や人間関係に悩んでいる人は、もっともっとスゴい効果があるんじゃないかな。


ただ、人から指示されるのが好きな人、命令がないと、何をやっていいかわからなくなる人はその限りではありませんが……。


あ、会社勤めの人は、こういうバカなこと言う奴もいるぜ、と話半分に読み流してください。


でも、「辞めてみた人のホンネ話」ということで、頭の隅っこにでもちょこっとインプットしておいてくださいね。「辞めるとラク〜にな〜る。辞めればラク〜になる〜。」って(笑)。



▼あえて今の心境をジャズ化するなら、

 オーネットの《フェイセス・アンド・プレイセズ》

 自由自在に与えられた時間を自由にデザインし、飛びまわれっている感じが

ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン+3/オーネット・コールマン
¥1,700
Amazon.co.jp
posted by 雲 at 08:47| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年のマイ・ベスト・ミービーは、ロイ・ヘインズから始めよう

昨年末に、映画批評サイト「intro」に、

2007年のマイ・ベストムービーを寄稿したのですが、

先日、アップされていました。


http://intro.ne.jp/contents/bestofyear.html


10人の映画ファン、批評家が

それぞれ、

昨年観たベスト映画(ワースト映画)についてのランキングをアップしていますが、
みなさん、それぞれ、好みや守備範囲が異なる方々ばかりなので、さまざまな作品が挙げられ、なかなか面白いレポートになっていると思います。


私の場合は、このサイトの中では、「ジャズを基準に映画を語る人」という位置づけになっているようなので、毎年、強引にジャズの話題を織り交ぜながら、ベストムービーの原稿を書いています。


今年のネタは、ロイ・ヘインズ。


2〜3年前に、

ジャズ喫茶「いーぐる」の「お花見会」で、

四谷の土手でジンギスカン鍋を食べながら、

ジャズ評論家の村井康司さんと

「どのジャズドラマーと共演したいか」

という話題になったことがあるのですが、

その際に村井さんがお話されたロイ・ヘインズのスピード感についてのお話が印象に残っていたので、かつ「そのとおり!」だと感じたので、村井さんの持論と、ちょこっとパクらせてもらっています(笑)。


ご覧になってください。
http://intro.ne.jp/contents/bestofyear.html


皆さんの昨年の「マイ・ベスト・ムービー」は何ですか?


posted by 雲 at 08:46| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブのお知らせ

ちょっと先のお話ですが、

4月12日(土)に、私が所属しているジャズ・カルテット、

サタデイ・ナイト・ジャズ・プロジェクト(SNJP)のライブを行います。

場所は、亀有(笑)。

亀有の「JAZZ38」といイタリア料理のお店です。

http://yydotto.com/jazz38/


ここで、3ステージ演奏します。


3ステージで、
18:30〜
20:00〜
21:30〜


です。


だいたい、1ステージ、40分ぐらいかな?

よろしければ、いらしてください。

やる曲?

……は、これから決めまーす(笑)。

posted by 雲 at 08:36| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音聴き会 in 沖縄のおしらせ

久々に「音聴き会」をやります。


3月21日の午後7時から。
場所は、沖縄のコザです。


会場は、沖縄に新しくオープンする『スコット・ラファロ』というジャズ喫茶(カフェ)。


私の友人、かつさまざまな面でお世話になっているtommy氏が新しく沖縄にオープンするお店です。


そのプレオープンの2日目の夜に2時間ほど講演させていただきます。


テーマは、「映像で愉しむジャズ入門!」。


初心者対象です。


私自身、ジャズにハマったキッカケは映像でした。

音だけではなく、映像に接したからこそ、比較的短時間でジャズを理解し、楽しめるようになりました。

渋谷の『スイング』で、毎日鑑賞していた数々のジャズ映像が私のジャズ受信回路のベーシックな部分を形成してくれました。

そこで気づいたこと。

音では分かりにくかったことも、映像と音のセットでジャズに触れれば、ジャズがグッと身近なものになるということ。


ですので、アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズやルイ・ア―ムストロング、マイルス・デイヴィス、ソニー・ロリンズなど、ジャズの巨人たちの映像中心に鑑賞していただき、短い時間のなか、ジャズの濃厚なエッセンスをご来場の皆様に味わってもらおうという趣向です。


沖縄在住の読者の方、あるいは、その時期に沖縄旅行を入れている方は、是非、お立ちよりください。


【音聴き会】in 沖縄

日時:2008年3月21日(金)19:00〜21:00(予定)
店:『Scott LaFaro』
住所:沖縄県沖縄市胡屋(ゴヤ)1-3-3 2F


※コザ(沖縄市)のメイン通り国道330号線に面した場所にあります。
左隣は普久原(ふくはら)楽器店、右隣が書店ですので、そこを目印にし
てください。


tommy氏がジャズ喫茶をオープンさせるまでの過程を綴ったブログ、「Tommy's Jazz Caf'e」も是非ご覧ください。

おもろいです。

ジャズのblogはたくさんあるけれども、

このようなタイプのblogはないよね。だから、新鮮。

http://ameblo.jp/tommy-tdo/

これからジャズ喫茶を開こうと思っている方の参考になるはず(?!)、です。

posted by 雲 at 08:35| Comment(0) | イベント ライブ 講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイルストーンズの基本はズンズンズンズンなのだ!

《マイルストーンズ》の基本は、ズンズンズン!だ。


▼ずんずんの元祖。力強い。ダンプカー

Milestones/Miles Davis
¥982
Amazon.co.jp


勇壮なイメージ、こちらにズンズンズンとゆったりと力強く迫ってくる感じ。


これはメロディによるところが大きく、このメロディの譜割りのおかげで、4つを刻むベースラインがよりいっそう力強く感じることが出来る。


とくに、ビル・エヴァンス


Waltz for Debby/Bill Evans
¥1,027
Amazon.co.jp


や、


橋本一子のように、



milesaway



リズムを溶解・細分化させることなく、オーソドックスな4ビートの基本を守って刻めば、もうなんちゅーか、ズンズンズンが心地よくて、あのラテン・ジャズ・クインテットのラウンジ的ニュアンスの演奏ですら、もうズンズンズンズンなのであります。


▼そうとう心地よいズンズンズン


latin soul


しかし、ズンズンズンから解放されたエヴァンスや、橋本一子のバージョンはオシャレミステリアス。これはこれで、やっぱりいい。



posted by 雲 at 08:24| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

明日は「いーぐる」でエリントン特集だ!

明日の四谷のジャズ喫茶「いーぐる」で行われる

定期公演「いーぐる特集」は、林建紀氏による、「エリントン特集」です。

午後3時半より、6時頃まで。

「いーぐる」での発表するために、膨大な資料と音源を精査し、厳選した選曲で我々に示唆を与えてくれる林さんの講演は、いつもとても勉強になります。

しかも、今回のテーマはエリントン!
ジャズの一大超重力地帯とでもいうべき、巨大な影響力を有している、ジャズ好きは避けては通れない、避けたとしてもいつかはブチ当たる巨人です。

これを機会にエリントン入門してみるのは如何でしょう?


ほらほら、そこの「ベイシーはイイけど、エリントンって難しそう!」といってるアナタのことです(笑)。

今回の特集の趣旨は、「ピアニストとしてのエリントン」なのだそうで、ビッグバンド嫌いでピアノトリオ好きな方にもお勧めな内容かと思われます(違ったりして・笑)。

さらに、林さんからの「爆弾発言」もあるそうで、それも楽しみ。

もちろん、私は出席する予定です。
下駄履いて、ベース背負ってるヘンな奴がいたら、お気軽にお声をおかけください。

また、会終了後は、カウンター前方の席で常連さんたちと打ち上げもしますので、ジャズに興味ある人、後藤さんや林さんや私の生態に興味がある人(?)は、お気軽にお声をおかけください。

なお、講演中の読書や私語はダメよ。

参加料は、飲み物代の他に別途400円がかかります。

「ジミー・ブラントンに捧ぐ」や、コルトレーンとやったやつがかかるのかどうか、今から楽しみです。


posted by 雲 at 23:29| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速報! 次回は「マイルス」!

8月5日に、代々木の「ななかまど」にて
【音聴き会】を催したいと思います。

テーマは、「マイルス」!

時間は、午後2時から、4時半〜5時前ぐらいまで。


参加費用は、ワンドリンク付きで¥2,000(予定)。

※お店を貸しきるため、ご了承ください。

マイルスをどう切るかは、これから考えますが、以下3つのうちのどれかにしたいです。

1、夏だし、エレクトリック・マイルス・オンリー!

2、名盤以外で綴るマイルス通史

3、各自がCDを持ち寄ってかけ合う「オレのマイルス、私のマイルス」

皆さん、どーいう内容お望みですか?

ご希望、ご意見などあれば、じゃんじゃんお寄せください。

もちろん、上記3つ以外の切り口以外にも、希望があれば教えてください。

「ななかまど」さんは沖縄料理居酒屋だから、餃子はメニューにないけれども、

たとえば、ビールを飲み放題にしてもらって、

「ビールと餃子を食いながら、ひたすらエレクトリックマイルスを聴く会」というのもイイなぁ〜とも思っていますが、これはちょっと難しいかな……。

posted by 雲 at 23:18| Comment(0) | イベント ライブ 講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


雲風呂」の先頭へ初ジャズ