ホテル予約ならHotels.com

2019年06月19日

最近の『ベースマガジン』と『ギターマガジン』どちらが面白い?

今月号のベースマガジン。


BASS MAGAZINE (ベース マガジン) 2019年 7月号

特集はJ、さらに有名ベーシストのセッティングなど。


今月号のギターマガジン。


ギター・マガジン 2019年 7月号 (特集:1970年代、魅惑のインスト・ソウル)


特集は、70年代のソウルミュージック、
しかもインストゥルメンタルのソウルのギタリスト特集。

渋い!



私はギターを弾かないし、
弾けないんだけど、

どうも最近はベースマガジンよりも、
ギターマガジンのほうばかり
読みこんでしまいがち。


その差は何か?


やっぱり特集なんじゃないかと。
企画力なんじゃないかと。


ギターマガジンの場合、
けっこうマニアックな特集が嬉しいのよね、
ギターやらなくても。


そして、特集の内容も、
毎回、かなり掘り下げてあって充実しているんだよね。


今回の特集も「70年代のインスト・ソウル」でしょ?

デヴィッド・T.ウォーカーにワー・ワー・ワトソンとか、
それにエリック・ゲイルとか。

素晴らしいじゃないですか。

あまり知らないギタリストもいるけれど、
これを機会に聴いてみようかな?と思わせてくれる。


やっぱり、雑誌は企画力だよなぁと思ってしまう。

ベースマガジンの企画がアカンと言っているわけではないし、
読むところがないと言っているわけじゃないんだけど、
(いや、最近はあんまり読むとこないかも)
ギターマガジンの企画力、特集、
そして誌面のレイアウトが素晴らしすぎるから、
ついつい自分の守備範囲のベースの雑誌にも
頑張れ!と言いたくなっちゃうのかもしれない。


もちろんベースマガジンの特集、企画も悪くはない。
ただ、ギターマガジンほど徹底していないというか、
せっかく良い記事があっても、
ギターマガジンほど、こってり&特濃な
「掘り下げ」と「ボリューム」が甘いような気がする。

けっこう、フラットな感じなのよね。

ま、ターゲットが、

ギターマガジン⇒マニア
ベースマガジン⇒入門者から中級者

と、違うからかもしれないけど。









posted by 雲 at 20:05| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

ロシア タイフーン級潜水艦


昔、テレビの特集で見たことあるけど、
タイフーン級、
ほんとにデカい。

中にはプールまであったりする。
小さいけど。

ジンベイザメのようにデカくて
扁平なカタチが、
なかなか魅力なんですよね。


あと、『沈黙の艦隊』で、
「やまと」とすれ違うシーンもあるけど、
そのデカさ、
圧倒的でしたね。

ヤマトと超巨大戦艦ほど大きさの差はないけど。



ホビーボス 1/700 潜水艦 ロシア海軍タイフーン級潜水艇


posted by 雲 at 18:04| プラモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

男子部屋の記録


なんだ、
おいらの部屋と大差ないわ。



男子部屋の記録

posted by 雲 at 20:42| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

チューブスクリーマー特集のギターマガジン


いいですねぇ、チューブスクリーマー。

なんとまあ、痒いところを特集にしてくれました。

私はギター弾かないし、
ときにベースに歪み系のエフェクターをつないで遊ぶこともあるけれど、
さすがに、ベースとチューブスクリーマーは繋げたことはないな。
(つなげても、あまり腰のはいった低音でなさそうだし)

でも、チューブスクリーマーをかましたギターの音は大好き。

この号、どれくらい売れるのかな?


ギター・マガジン 2019年 6月号 (特集:チューブスクリーマー40年史/スティーヴィー・レイ・ヴォーン)


案外、隠れチューブスクリーマーマニアがぞろぞろと穴から出てきて、
大量に売れてたりして。


posted by 雲 at 20:36| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

ジェリー・マリガン・アンド・ジョニー・ホッジス


1曲目のバニーからもうゴキゲン。

ベテランによる絶妙かつ見事なアンサンブル。

コーヒーがよりいっそう旨く感じる。

できれば、ジャズ喫茶で聴きたいアルバムですね。


Gerry Mulligan(bs)
Johnny Hodges(as)
Claude Williamson(p)
Buddy Clark(b)
Mel Lewis(d)


1959/11/17






posted by 雲 at 20:39| ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

大沢麻子 貫地谷しほり


朝ドラ『なつぞら』にて、
アニメーター・大沢麻子の役を演じる
貫地谷しほりの
終始つんけんしていて、
ちょっと仕事でくたびれている感じがよろし。


ネガティヴ&ヘタレなヒロインの頃とは、
ぜんぜん違うキャラだね。



ちりとてちん 総集編 BOX [DVD]






posted by 雲 at 18:04| DVD Blu-ray | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑



おもしろい!
そして、切ない。


様々な生物の絶滅の理由がわかりやすく解説されています。



わけあって絶滅しました。 世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑


トホホな理由から、
それは仕方ないよね……な理由まで、
絶滅の理由はさまざま。


彼らだってマジメに生きているんだけど、
でも、どうしようもない要因で、
仕方なく絶滅してしまっているんだよね。


これ、人間も同じなのではないかと。


一生懸命生きていても、
マジメに生きていても、
だいたい命運を左右するのは、
本人の努力以外の要因のほうが大きかったりもする。


大人が読んでも面白い。

子ども向けに
「わけあって倒産しました」的な本が出れば、
将来を考える契機につながるなるかもしれない。


夢を壊しちゃうかな?



posted by 雲 at 17:31| 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする